AIで人気のプログラミング言語Pythonとは?

ビジネス

自由に利用できるプログラミング言語Pythonは、コンピュータの問題を解決することを、その解決策についての考えを書き出すのと同じくらい簡単にしてくれます。一度書いたコードは、プログラムを変更することなく、ほとんどのコンピュータで実行することができます。

Pythonの使用方法

Pythonは、現代のあらゆるコンピュータ・オペレーティング・システムで使用可能な汎用プログラミング言語です。テキスト、数値、画像、科学データなど、コンピュータに保存されているあらゆるデータの処理に使用できます。Googleの検索エンジン、動画共有サイトのYouTube、NASA、ニューヨーク証券取引所などで日常的に使用されています。これらは、ビジネス、政府、非営利団体の成功にPythonが重要な役割を果たしている場所のほんの一部であり、他にもたくさんあります。

Pythonはインタープリタ型言語です。つまり、プログラムが実行される前にコンピュータが読めるコードに変換されるのではなく、実行時に変換されるということです。以前は、この種の言語はスクリプト言語と呼ばれ、些細な作業に使われることが多かった。しかし、Pythonに代表されるプログラミング言語は、その呼び方を変えざるを得ませんでした。大規模なアプリケーションは、ほとんどPythonだけで書かれていることが増えています。Pythonを使ったアプリケーションには、次のようなものがあります。

Webアプリケーション用CGIのプログラミング
RSSリーダーの構築
MySQLの読み込みと書き込み
PostgreSQLへの書き込みと読み込み
HTMLでのカレンダー作成
ファイルの操作

PythonはPerlとどう違うのか?

Pythonは、大規模で複雑なプログラミングプロジェクトに適した言語です。どのような言語であれ、プログラミングをする上で不可欠なのは、次のプログラマーが読みやすく、メンテナンスしやすいコードを作ることです。PerlやPHPのプログラムを読みやすくするには大変な努力が必要です。Perlが20行、30行と続くと手に負えなくなるのに対し、Pythonは整然とした可読性を保ち、大規模なプロジェクトであっても管理が容易です。

読みやすさ、習得のしやすさ、拡張性を備えたPythonは、アプリケーション開発をはるかに高速化します。簡単な構文と充実した処理能力に加えて、Pythonは「電池付き」と言われることがありますが、これはライブラリが充実しているためで、箱から出してすぐに使える書きかけのコードが保管されています。



pythonはPHPとどう違うのか?

Pythonのコマンドや構文は、他のインタプリタ型言語とは異なります。PHPはウェブ開発の共通語としてPerlに取って代わられつつあります。しかし、PHPやPerlよりもPythonの方がはるかに読みやすく、フォローしやすいのです。

PHPとPerlに共通する少なくとも一つの欠点は、コードがぎこちないということです。PHPやPerlの構文では、50行や100行を超えるプログラムをコーディングするのは非常に困難です。一方、Pythonは言語の構造の中に可読性が組み込まれています。Pythonの可読性は、プログラムのメンテナンスや拡張を容易にします。

一般的に使われ始めているとはいえ、PHPの本質はウェブ指向のプログラミング言語であり、システムレベルのタスクを処理するのではなく、ウェブで読める情報を出力するために設計されています。この違いは、PHPを理解するPythonでWebサーバーを開発することはできますが、Pythonを理解するPHPでWebサーバーを開発することはできないという事実からもわかります。

最後に、Pythonはオブジェクト指向です。PHPはそうではありません。これは、プログラムの読みやすさ、メンテナンスのしやすさ、スケーラビリティに大きな影響を与えます。

14日間無料体験あり!【テックパートナーズカレッジ】

PythonはRubyと比べてどうなのか?

PythonはよくRubyと比較されます。どちらもインタープリタ型で、ハイレベルなものです。これらのコードは、詳細を理解する必要がないように実装されています。ただ、それだけのことなのです。

どちらも根っからのオブジェクト指向です。クラスとオブジェクトの実装により、コードの再利用が可能になり、保守性が向上します。

どちらも汎用的です。テキストの変換などの簡単な作業から、ロボットの制御や大規模な財務データシステムの管理など、はるかに複雑な作業にも対応できる。

この2つの言語の大きな違いは、可読性と柔軟性の2つです。Rubyのコードは、そのオブジェクト指向の性質から、PerlやPHPのようにもじゃもじゃしたものにはなりません。むしろ、プログラマーの意図を推測してしまうような、読めないほどわかりにくいコードになってしまうことがあります。Rubyを学ぶ学生の主な質問の1つは、「どうやってそれをすることができるのか」というものです。Pythonでは、このような情報は通常、構文の中に明白に含まれています。読みやすさのためにインデントを強制することに加えて、Pythonは多くを仮定しないことで情報の透明性を確保します。

仮定しないので、Pythonは必要に応じて標準的なやり方から簡単に変更することができますが、そのような変更はコードの中で明示されることを主張します。これは、後でコードを読んだ人がそれを理解できることを保証しつつ、必要なことは何でもできる力をプログラマに与えます。プログラマーがPythonを使っていくつかの仕事をすると、他のものは使えなくなってしまうことが多いのです。

PythonはJavaと比べてどうなのか?

PythonとJavaは、どちらもオブジェクト指向言語で、ほとんどのOSで実行可能な、あらかじめ書かれたコードの膨大なライブラリを持っています。しかし、その実装方法は大きく異なります。

Javaはインタープリタ型言語でもコンパイル型言語でもありません。両方の要素を持っています。コンパイル時には、Javaプログラムはバイトコード(Java特有のコード)にコンパイルされます。プログラムが実行されると、このバイトコードはJavaランタイム環境を介して実行され、コンピュータが読み取り、実行可能なマシンコードに変換されます。いったんバイトコードにコンパイルされたJavaプログラムは、変更することができません。

一方、Pythonプログラムは、通常、実行時にPythonインタープリタがプログラムを読むときにコンパイルされます。しかし、コンピュータが読めるマシンコードにコンパイルすることも可能です。Pythonは、プラットフォームの独立性のための中間的なステップを使用しません。代わりに、プラットフォームの独立性はインタープリタの実装にあります。