優れたリーダーや社長、経営者に必要な20の資質とは?

リーダーシップとは影響力であり、それ以上でもそれ以下でもないです。

組織やチーム、家族を率いる場合でも、リーダーシップは、まず自分自身をうまく導くことから始まります。

自分自身をうまく導くことができれば、他の人を真に導くことができる影響力を持つことができるのです。リーダーシップとは、常に内部の仕事なのです。

CEO、経営者、スポーツ選手、起業家、ビジネスチーム、一貫した成功につながると確信したリーダーシップの本質的な資質をまとめました。

1.自分のなぜを知る

リーダーシップの重要な資質の1つ目は、自分の理由を知ることです。

リーダーのなぜを「目的や原因、つまり行動を起こすための唯一の原動力」と定義しています。強力なリーダーは、個人のパフォーマンスやチームの行動を鼓舞する「理由」を知っています。

その「理由」が強ければ強いほどモチベーションもパフォーマンスも向上します。

2.時間を味方につける

有能なリーダーは、時間を常に戦っている敵としてではなく、味方や友人として見ています。
「タイムフルネス」という概念を紹介します。これは、今この瞬間に完全に存在することで、時間の質、経験、パフォーマンスを向上させるというものです。

タイムフルネスのようなマインドフルネスのテクニックを使うことで、リーダーはフロー状態に入る方法を発見し、時間を最も効果的に使うことができます。

時間は、すべてのリーダーにとって最も貴重な資産なのです。

3.気概を持つ

困難な状況にあっても、タフな人は前進することができます。優れたリーダーは、失敗や挫折に直面しても、集中力、エネルギー、努力を持続し、楽観的に困難な目標に到達することができます。

著名な研究者であり、次のように述べています。才能やIQも確かに成功要因ではあるが、それ以上に重要なのは、時間をかけて努力(忍耐と情熱)を持続させることだと述べています。

4.ビジョンを持つ

優れたビジネスリーダーは、ビジョンを作り、ビジョンを明確にし、情熱を持ってビジョンを所有し、それを完成させるために絶え間なく努力します。

優れたリーダーは、常に明快なビジョンを持っています。相手は、未来を詳細にイメージすることができ、そのビジョンをチームに伝えることができます。

チームがリーダーのビジョンを明確に見ることができれば、あらゆる指標において成功を加速させることができるのです。

5.自己認識する

パワフルなリーダーは、自分自身を振り返ることができます。自分自身を振り返ることで、他者や組織に与える影響を意識することができます。

この絶え間ない反省により、リーダーは常に最高の状態を維持し、過ちを繰り返さないようにすることができるのです。

リーダーシップとは、共通の目標を達成するために、個人や集団を指揮し、動機づけし、鼓舞する芸術と科学である。

6.物事を個人的にとらえない

優れたリーダーは、日々の業務や戦いの中で、物事を個人的に捉えません。

相手は、物事を前向きに捉え、意思決定や行動において最も重要なことに目を向ける能力を持っています。

気が散ったり、感情的になるのではなく、目の前の仕事に集中します。

7.説明責任を果たす

有能なリーダーは、自分の行動に100%の責任を負います。また、チームメンバーにも自分の行動に責任を持たせます。

自分が言ったことを実行し、自分がしたことを言います。尊敬されたければ、自分の指揮下にあるすべてのものに100%の責任を持ちなさい。

8.効果的なコミュニケーション

優れたコミュニケーションは、優れたリーダーシップの鍵です。すべてのコミュニケーションは、エネルギーと情報の交換です。

効果的なリーダーは、言葉、声、トーン、ボディランゲージが正確で、目的に沿っています。どのような状況であっても、何をどのように言えばよいかを知っています。

9.感情的にも精神的にも強くなる

質の高いリーダーは、思考と感情を一貫して調整し、自分に不利にならないように働かせる能力を持っています。

感情と精神の安定は、リーダーシップの重要な要素です。悪いニュースがあってもあまり落ち込まず、良いニュースがあってもあまり気を取られません。

10.成長マインドセットを持つ

真のリーダーは、自分やチームの強みや経験を成長させることを常に考えています。
オープンマインドで、向上心を持っています。自分たちの改善に役立つ最新のイノベーションやアイデアを知りたがります。

常にこの重要な質問をします。どうすれば、今日はもっと良くなるだろうか?

11.過ちを認める

偉大なリーダーは、次のレベルのパフォーマンスを目指すときにはミスが起こるものであり、実際にはそれがプロセスの一部であることを知っています。

ミスが起きてもサポートされることがわかっていれば、組織の人々は、自分ができる限りベストを尽くすことができます。

リーダーが間違いを認めることができるということは、その人の責任感と人間性を示すことになります。

12.共感する

優れたリーダーは、相手の立場に立ち、相手が感じていることを感じ取る能力と柔軟性を持っています。

チームや彼らが直面している問題を理解することは、彼らを力強く導く鍵となります。共感とは、私はあなたを見て、あなたが感じていることを感じているということです。

リーダーシップとは共感すること。人の人生を鼓舞し、力づけるために、人と関わり、つながる能力を持つことなのです。

13.相手を思いやる気持ちを持つ

共感は優れたリーダーシップの鍵かもしれませんが、「思いやり」がなければ完全ではありません。

思いやりとは、他人の苦しみを認識し、それを助けるために行動することです。常に助けの手を差し伸べるリーダーは、偉大なリーダーの仲間入りをすることができます。

これが真の忠誠心を育てるのです。思いやりの心は、職場のリーダーにとって超能力です。

14.自信を持ってリードする

人生のあらゆる分野で成功するための最も重要な鍵の一つは、「自分にはできる」という自信を持つことです。

自信は、ビジネスでも人生でも、高いときも低いときも必要とされます。

優れたリーダーシップを発揮するためにも同じことが言えます。

自信に満ちたリーダーシップとは、恐れを知らないことではなく、恐れや不確実性に直面しても、自分が望むものをまっすぐに追求することです。

優れたリーダーシップとは、たとえすべてを把握していなくても、どんな状況でも自分で対処できることを知っていることです。

15.感謝の気持ちを伝える

チームが行っていることの大小を認めることができるリーダーは、たいてい最も成功しています。

研究によると、同僚に感謝の気持ちを示すことで、エンゲージメントが高まり、職場での一体感が高まり、パフォーマンスが向上することがわかっています。

16.仕事を任せる

委任は、生産性とチーム全体のパフォーマンスを最大化するために非常に重要です。有能なリーダーは、どのような活動が最も高い生産性をもたらすかを知っており、自分がより適していることを他の人に任せることができます。彼らは、特定の物事を成し遂げるのに最も適した人物を知っており、彼らに迅速かつ決定的に委任することに意欲を持っています。

17.マインドフルネスで導く

現在に存在感があればあるほど、パフォーマンスは向上します。一瞬一瞬を大切にすることで、リーダーは自分の才能と結びつき、生産的な仕事の流れに乗ることができます。また、自分の考えや行動を意識して選択することができるので、組織はリーダーとしての自信を持つことができます。100%の存在感があれば、自分のやっていることに100%の自信を持つことができます。

18.自発的に行動する

ビジネス、産業、金融の偉大なリーダーも、偉大な芸術家、詩人、音楽家、作家も、自分を動かす力を身につけたからこそ偉大になった。

パワフルなリーダーは、自分を動かす方法を知っていて、自分から行動します。彼らのモチベーションは自分の中から湧き上がってきます。彼らは、自分自身やチームに勢いをもたらすために必要なことを知っています。誰も彼らを止めることはできません。なぜなら、彼らの内なる炎を奪うことはできないからです。

19.誠実さを持つ

本物のリーダーは、自分の価値観が何であるかを理解しており、大きな場面でも小さな場面でも、その価値観を貫きます。感情や仕事のプレッシャーに左右されることもありません。そして、その姿勢が組織全体のトーンを決めるのです。同僚たちは、彼らが常に約束を守り、完全に誠実に行動していることを知っています。

「誠実さ」の定義は、「意図の純粋さ」という言葉に集約されています。

誠実さとは、最もシンプルな形では、意図の純粋さである。それは、きれいな良心を保つこと。

20.良いコーナマンになる

リーダーシップに必要な資質の最後は、よきコーナーマンであることです。一流のリーダーが持つ最大の資質の1つは、最もシンプルなものです。勝っても負けても、彼らはあなたを支持します。リーダーが自分のコーナーにいることを知っていれば、チームや組織に全力を尽くすことができるという最高の自信が生まれます。

偉大なリーダーは、自分が率いるすべての人に、リーダーが自分を支えていることを確信させます。リーダーが自分の背中を守ってくれれば、自分が思ってもみなかったことに全力で取り組むことができ、自分が知らなかったレベルのパフォーマンスを発揮することができます。

リーダーシップに必要な資質のリストを読んだ後は、それを実践する時です。毎回、すべてがうまくいかなくても気にしないでください。自己認識を持ち、まずは自分自身が最高の状態になるように導いてください。

自分自身をリードすることで、他の人々、チーム、組織をマインドフルにリードし、パフォーマンスと結果を最大限に引き出すことができます。リーダーシップはすべてあなたから始まるのです。