自分に自信がすぐ持てるようになる10の習慣とは?

自信とは、あるテーマについて確信に近いもの、あるいは頭脳明晰な感覚と定義するのが最も適切でしょう。それがスキルレベルに関わるものであれ、知識や結果の予測に関わるものであれ、あるいは自分自身に関わるものであれ。自分に自信を持つことは、全体的な自尊心と自己認識に大きなメリットをもたらし、ドアを開けてチャンスをつかむのに役立つ貴重な特性です。

多くの人にとって、自分に自信を持つことは難しいことであり、構築することも困難です。ありがたいことに、日常生活の中で自信を高めることができます。ここでは、自信を高めるための10の習慣をご紹介します。

1.読書をする

読書はとても楽しいものですが、それに加えて自信を高めることができるかもしれないということをご存知でしたか?
フィクションでもノンフィクションでも、あるいは伝統的でない本でも、読書によって自尊心を高めることができます。
その方法をいくつかご紹介しましょう。

瞑想に近いものがあります。他の世界に連れて行ってくれるので、心配事やストレスについて考えるのをやめることができるのです。ネガティブな感情を無視してはいけませんが、少し離れてみることで、新たな気づきが得られたり、感情が軽減されることもあります。

サイクルを断ち切る

思考の負のループは、自信喪失の原因として広く知られています。読書は、そのような考え方から脱却し、心を別の場所に移すことができます。地に足がついた状態に戻れば、負のサイクルが断ち切られ、自分の思考パターンを新たに見直すことができます。

教えてくれる

ノンフィクションの本は、様々な新しいスキルや知識を教えてくれ、学んだことは日常生活に生かすことができます。自分の能力やスキルに自信を持つことができます。



2.不快感を求める

違和感を求めることは奇妙に思えるかもしれません。積極的に快適な場所を離れて、より多くの不安やストレスを自分に与えようとするのはなぜでしょう?
何とも荒唐無稽な発想です。しかし、結局のところ、安全な小さなバブルを超えてどこかに行こうとしないことは、実際には自分にとって非常に悪いことなのです。

自分の居心地の良い場所に留まっている限り、成長することはできません。これは良いことのように聞こえますが、それはつまり、予定外の状況で自分が慣れていないところに身を置くと、自尊心が急落することを意味します。慣れないことには手も足も出ないのです。

だからこそ、自信のある人は自分に挑戦するのです。自分を危険にさらして不快感を求めるのは大変なことのように思えますが、それによって自分が常に前進することができるのです。それによって、以下のことが可能になります。

新しいスキルを磨き、新しいことを学ぶ
自分の能力と可能性を実感する。
新しい経験をして、世界に対する視野を広げる。
理想的とは言えない状況にも慣れていく。
賢いリスクの取り方ができるようになる。

困難な状況から頭を上げて抜け出すことほど、自信につながる感覚はありません。
だからこそ、自分の人生にちょっとした違和感を求めてみましょう。



3.瞑想する

瞑想は、スピリチュアルな習慣だと揶揄されがちですが、心と体、そして自信に良い影響を与えることが科学的に証明されています。安静時の心拍数や血圧を下げるだけで、不安やストレスなどを軽減することができます。

多くの人にとって、ストレスや不安は自尊心を低下させる根本的な原因となっています。どこにいても気持ちのいいことがないのに、自分のことを気持ちよく感じるのは難しいですよね。瞑想は、自分自身と向き合うことができるので、安心して自分の問題に向き合うことができ、内省することで自信を持つことができます。

4.人付き合い

内向的な人は人付き合いが苦手だとか、一般の人にとって社会活動は怖いものだというジョークは尽きません。しかし、「人付き合いをしてはいけない」という考えを持ち続けていると、ますます自信を失ってしまいます。

人付き合いにはさまざまな方法がありますが、どの方法も人との距離を縮め、人間関係のスキルを鍛えることができます。気の合う人を見つけると、サポートシステムのおかげで自信がつきますし、誰とでも交流することで世界との接点が保たれ、精神的にも楽になります。人付き合いには以下の方法があります。

自分の好きなことに関するオンラインコミュニティに参加する
同じ業界の人とネットワークを作る
ソーシャルメディアに積極的に参加する
友人や家族と定期的に連絡を取る
友人や家族と一緒に出かける
新しい人と出会う



5.違いを認める

多くの場合、自分の違いが自分を嫌いにさせる原因になっています。他人と自分を比較し、他人を基準にして頭の中で勝手に決めた基準に合わない部分を見つけ、自分の「欠点」と思われる部分を隠してしまうのです。

このような考え方が、ゆっくりと、しかし確実に自尊心を失わせていくことは容易に想像がつきます。いつも不当な理想を追い求めては挫折し、他の人のようになりたいと願うばかりです。これは有害な考え方で、誰の役にも立ちません。

人と違うことは悪いことだと考えるのはやめましょう。人と違っていてもいいし、むしろその方がいいこともあります。世の中には、あらゆる種類の多様性が必要であり、刺激的で実行可能な能力を発揮することができます。自分の弱点は他の人の強みであり、自分の力は他の人の弱点なのです。比較することでお互いを遠ざけるのではなく、協力し合うことがより充実した生活を送るための真の方法なのです。

自分と他の人の違いを祝福しましょう。自分は唯一無二の存在であり、自分のバリエーションを受け入れ、見せびらかすべきです。ポジティブシンキングを使って、自分の違いが自分を素晴らしいものにしていることに注目してください。

6.準備をする

準備ができていないことは自信の表れだと考える人もいます。何も持たずに来て、どれだけ即興でできるかをアピールすれば、どれだけ自信があるかを証明できると考えるのです。これは魅力的な考えですが、特に自尊心を高めたいのであれば、お勧めできるものではありません。

自信とは、無知や傲慢、未熟さを意味するものではありません。人生のすべてを把握している人はいませんし、無敵の人もいません。準備をしすぎるのもよくありませんが、準備をしないのはもっとよくありません。準備をしないでいると、解決できない大きな問題に直面することになります。自信をなくすものがあるとすれば、それは自分の限界を超えてしまうことです。

自信のある人は、計画を持っている人です。情報を収集し、スキルを練習し、潜在的な課題に備えます。このような準備が自信につながります。なぜなら、ほとんどのハードルに対処するための十分な装備があり、価値のある挑戦にしか出会えないからです。

だから、即興演奏の達人になろうとしないでください。それよりも、常に新しいヒントを得て、それを自分の仕事に生かすことができるように、バックグラウンドで学び、成長することに集中してください。そうすれば、その知識が自分の力になるのです。

7.エクササイズ

エクササイズは、すべての問題を解決する唯一の正しい方法として過大評価されがちです。奇跡的な治療法ではありませんが、それなりの効果があることも科学的に証明されています。自信を持つためには、エクササイズが必要です。

成長ホルモン

運動をすると気持ちの良いホルモンが分泌され、ポジティブな思考が高まり、自分自身をより幸せに感じられるようになります。不健康で有害な習慣を使わなくても、すぐに気分を高めることができます。

より健康的な体と外見

自信の問題の多くはボディイメージと結びついています。エクササイズをすることで見た目の印象が変わります。たとえ体重が減らなくても、理想的な外見にならなくても、姿勢、スタミナ、体力に顕著な変化が見られ、自信が持てるようになるでしょう。

挑戦する姿勢

エクササイズとは、自分の限界に挑戦することです。鍛えれば鍛えるほど、自分を向上させるために上を目指すというコンセプトに違和感を覚えるようになります。その結果、自信が持てるようになり、人生のさまざまな場面でその原則を生かすことができるようになります。

8.積極的な睡眠習慣

十分な睡眠をとることで、次の日には休息して頭が冴えるようになります。ミスも減り、家事や仕事のパフォーマンスも向上し、頭も冴えてポジティブな思考ができるようになります。

日常生活では、レム睡眠(深い眠り)に適した環境を整えましょう。レム睡眠は非常に回復力が高く、翌日の起床時の気分が良くなります。自信を失っているときには、一晩休めば元気になることもあります。

9.良い姿勢を保つ

背筋を伸ばし、肩を後ろに下げ、胸を張って、頭を真っ直ぐにしている人は、自信に満ち溢れているように見えることに気づいたことはありませんか?それは単なる印象ではなく、本当に自信に満ちているからなのです。

研究によると、背筋を伸ばして良い姿勢を保っている人は、単に好意的に見られるだけではありません。また、全体的に気分が良いのです。姿勢や体の置き方によって、脳の化学物質が変化することがわかっています。

締め付けられるような姿勢ではなく、開放的な姿勢や「パワーポーズ」をとることで、ホルモンの動きが変わります。元気が出て、ストレスに反応しなくなり、たった2分で気分が良くなり、ずっと自信が持てるようになります。背筋を伸ばして、良い姿勢をとり、体に魔法をかけてみましょう。

10.ボランティア活動をする

多くの人にとって、自分に自信を持つことは、自分の価値を高めることにつながります。自分の価値を高める方法はいろいろありますが、最も健康的で優れた方法の一つは、親切な行為をすることです。以下のような方法があります。

自分が信じている目的のためにボランティアをする
友人、家族、同僚、愛する人のために何かをする。
誰かを心の底から褒める
愛する人のために何かをしてあげる。
慈善団体に寄付する

地域社会のために良い活動に参加することは、地域社会にも自分にもメリットがあります。人に貢献することで気分が良くなり、自尊心が高まり、自分の行動が周囲に与える影響を実感できます。ポジティブな考え方ができるようになり、一気に自信がつきます。

最後に、自信を高めるための習慣について考えてみましょう。
自信は多くのポジティブな感情の鍵であり、それがないと行き詰まりや迷いを感じてしまいます。ポジティブな習慣を身につけて自信を高めることで、自分の可能性を最大限に発揮することができます。