モチベーションを増やしてやる気のエンジンをかける3つの方法

常にモチベーションを維持するための「モチベーションエンジン」を構築し、動かすための3つのステップをご紹介します。

このモチベーション・エンジンがあれば、どんなに困難な状況にあっても、もうやる気を失うことはありません。

常にモチベーションを維持する

運動量とは、物体が動くときに生じる力のことです。物理の授業で聞いたことがあるかもしれませんが、運動量は運動の法則をはるかに超えています。

モメンタムをモチベーションに応用すると、思考が明晰になり、目標に到達できることがわかり、目的意識、力、方向性を見出すことができるようになります。

つまり、勢いをつける方法を学ぶことは、人生の成功をつかむための第一歩なのです。

勢いをつけることで、より生産的で、より効果的で、より効率的な世界を作ることができるのです。

勢いがあれば、何かを始められないという最初のハードルを乗り越え、最後までやり遂げることができます。

勢いがあれば、ポジティブな思考とエネルギーが生まれ、目標に向かって前進することができます。

勢いをつけて前に進むためには、3つの重要な戦略があります。

1.やってみよう

ナイキのスローガンは、勢いを生み出すための素晴らしい標語です。実際、これは人生で勢いをつけるための最良の方法の一つです。

やりたいことが何であれ、先延ばしにしていたプロジェクトを始める、ジムに通って10キロ減量する、次の小説の最初の段落を書くなど、勢いをつけるには、小さな一歩を踏み出して行動するだけでいいです。

行動を起こすことで、最も重要なことに時間とエネルギーを集中させることができます。最初は不安を感じるかもしれませんが、時間とエネルギーをかければかけるほど、慣れてきます。

時間が経つにつれ、勢いが増し、自分自身を成長させることができます。

小さな一歩を踏み出せば踏み出すほど、勢いが増し、その活動やタスクを行うのがより快適になり、生産性や効果が向上します。

例えば、来週、重要な仕事の締め切りがあることがわかっている場合、小さな一歩として、そのプロジェクトを完成させるために必要なことをすべてToDoリストにしてみましょう。

そうすれば、次の日からすぐに行動に移せるようになります。
小さな一歩を積み重ねることで、目標達成に近づくことができます。ぜひ、目標達成に向けて頑張っている成功者の仲間入りをしてください。

フリーランスエンジニア、副業向けの求人・案件をまとめて検索!【テックゲート】

2.スケジュールを立てる

今すぐにはできないかもしれませんが、後回しにしていたことを実行する時間を確保することはできます。

さらに言えば、生活に勢いをつけるために、それを日課にすることです。

ジムに行くのを先延ばしにしていたら、今すぐ予定を入れて、それを守りましょう。

予定を立ててもなかなか実行に移せないという方は、長期的な目標を考えてみましょう。

具体的には、なぜジムに通いたいのか、痩せたいと思っている体重を10キロ落としたら、生活はどうなるのか、どう感じるのか。

それでも足りない場合は、行動した後に自分にご褒美を与えることを恐れないでください。

勢いをつけるためには、毎日行動を起こすことが必要です。勢いをつけるには、毎日30分、自分が達成したいことに没頭する時間を作るのが一番です。

気がつけば、1週間後には3.5時間も生産的になっているはずです。積み重ねることで、それを習慣化し、生活の一部として定着させることができます。

3.勉強をする

行動を起こす準備がまだできていないときは、何をすべきかを学ぶことで勢いをつけることができます。

勉強の天才に火をつけろ 学ぶ意欲が湧いてきたら、今度は自分がやろうとしていることに関する資料を探してみましょう。

例えば、ジムに通うのが面倒な人は、ヘルス&フィットネスの雑誌を手に取り、ジムでできるさまざまなエクササイズについて調べてみましょう。

また、自分でできる様々なプログラムや、参加できる様々なクラスについても調べてみましょう。

次の小説の最初の段落を書くのに苦労している人もいるでしょう。自分が書きたいと思っているテーマについて、時間をかけて学んでみましょう。

電話で誰かに相談したり、小説の書き方を紹介しているサイトを見たり。

何にしても、その課題について何かを学ぶことで、勢いをつけることができます。

自分のやりたいことについて学ぶことで、脳内に神経回路が形成され、やりたいことを実現するための自信と知識を身につけることができるのです。

人生でより多くのことを達成したい、より成功したい、より生産的になりたい、より効果的になりたい、より効率的になりたいと思うのであれば、勢いをつけるために上記の戦略を考慮する必要があります。

一歩を踏み出した時点で、目標を達成するために必要な勢いが生まれていることを忘れないでください。

最短1ヶ月で動画編集スキルが身につく!【クリエイターズジャパン】