効果的な学習のための正しい質問の仕方

正しい質問をすることは、基本的に、個人的または専門的な開発のための魔法の鍵です。

とても素晴らしいことだと思いませんか?
残念ながら、多くの人は質問をすることを恐れています。
あまりにも多くの質問をするとバカにされると思っているようです。

しかし、面白いことに、質問をしないで前に進むことはできません。

どうすればいいのか、「望む結果を得るためには何が必要なのか」という疑問を持たずに、どうやって新しいことを学ぼうとするのでしょうか。

しかし、人に聞くだけではありません。

人に聞くだけではなく、自分自身にも正しい質問をする技術を身につけなければなりません。

自分にどんな質問をするかによって、結果に大きな影響を与えることができるのです。そして、実際に、目標を達成するか、まったく前進しないかを分けることができるのです。

「効果的な学習のために正しい質問をするにはどうしたらよいか」という質問を取り上げます。

効果的な学習のために正しい質問をすることがなぜ重要なのか?

どのように」を見る前に、まず、効果的な学習のために正しい質問をすることがなぜ重要なのかについてお話します。

1.質問が答えにつながる

前述したように、質問をしなければ学習や前進はできません。想像してみてください。もし自分が新しい仕事を始めたとき、何も聞かずに仕事をしていたらどうでしょう。いい仕事ができるでしょうか?

確かに、運が良ければ、すべての指示を銀の皿に乗せてもらえるかもしれません。しかし、たとえそうだとしても、指示書に書かれていないような特殊な状況ではどうすればいいのでしょうか。また、上司からの建設的な批判にはどう対処するのでしょうか。

上司が言ったことをそのまま鵜呑みにして、真意を確かめずに実行していたら、本当に仕事が上達するのでしょうか?

さて、要点はお分かりいただけたかと思います。効果的な学習や改善のためには、答えが必要です。そして、それを得るための唯一の方法は、質問をすることなのです。

2.正しい質問をすることは、自分の成功につながります

適切な質問をすることで、成功する可能性も大きく高まります。

例を挙げてみましょう。自分のビジネスを作りたいとしましょう。何から始めればいいのでしょうか?そう、これが最初の質問です。
その後の成功は、自分が自分自身や他の人に何を問いかけるかにかかっているのです。

ここで、2種類の質問を比較してみましょう。例えば、自分がビジネス構築のプロセスで行き詰まったとします。自分は自分自身に問いかけることができます。”なぜ私にはうまくいかないのだろう?” あるいは、”どうしたらうまくいくだろう?”と自問することもできます。

この違いがわかりますか?2つ目の質問は、自分を成功へと導く力になります。もちろん、実際に解決策を見つけるためには、執拗なまでにやる気を出さなければなりません。しかし、このような質問を自分にするだけで、成功の可能性は大きく高まります。

一方、最初の質問は、どちらかというと力を奪う質問です。これでは、解決策を探すどころか、自分を哀れむ被害者的な立場になってしまいます。自分を犠牲にしている人が成功した例があるでしょうか?私は見たことがありません。

3.コミュニケーションが改善の鍵

ここで、人に向けた質問について、もう一つ重要なことを簡単に説明します。

上達、良好な人間関係、そして成功には、良好なコミュニケーションが不可欠です。これは文字通り、どんな状況にも当てはまります。仕事でも、ビジネスでも、結婚生活でも、友人との関係でも、良好なコミュニケーションは健全な人間関係の基礎となります。

効果的なコミュニケーションには、何よりもアクティブリスニングが必要です。でも、それってどういうこと?

それは、相手に質問し、相手の話を聞くことです。これは、人との関係を改善し、仕事や私生活を前進させるのに役立つだけでなく、多くの知識を得るのにも役立ち、これが最も効果的な学習であることは間違いない。

人は自分のことを話すのが好きです。だから、自分の質問に対する答えを持っている人を見つけ、積極的に聞くだけでいいのです。そうすれば、自分の学習曲線を50%短縮することができるでしょう。

効果的な学習とは?

さて、正しい質問をする方法についてお話しする前に、もう1つ重要なことを簡単に触れておきたいと思います。それは、”効果的な学習とは何か “ということです。

一般的に考えられていることとは異なり、私たちは大学卒業後も学ぶことをやめません。学校では、基本的に特定のテーマを強制的に学ばされます。しかし、本当に面白い学習期間が始まるのは、実はこの期間の後なのです。学校を卒業すると、自分で学びたいことを完全に選択できるようになり、ここから効果的な学習が始まるのです。

今日の経済状況で前進するためには、難しいことを速いペースで学ぶしかないと説明しています。特に今日の経済について語っているのは、物事がかつてないほど速く変化しているからです。10年前の技術に固執していては、このペースの速い世界に取り残されてしまうでしょう。

つまり、効果的な学習とは、基本的には、難しいことや関連性のあることを速いペースで学ぶことなのです。

効果的な学習のための正しい質問の仕方

さて、正しい質問をすることの重要性と、効果的な学習とは何かを理解したところで、これらをまとめてみましょう。

それでは、効果的な学習のための正しい質問の仕方をご紹介しましょう。

1.自分自身に問いかけることから始める

前述したように、最も重要な点は、実際に自分自身に適切な質問をすることから始めることです。
注意していただきたいのは、常にエンパワーメント的な質問、つまり解決志向の質問をすることです。

これは、多くの場合、「どのように」という質問です。例えば、次のような質問です。

“どうすれば目標を達成できますか?
“どうすれば、より良い仕事ができますか?
“どうすれば、このリソースを最大限に活用できますか?
力を奪うような、被害者意識の強い質問は避けましょう。このような質問は、気づかないうちに自分自身にしていることが多いので、発見するのが難しいことがあります。

このような質問は、たいていの場合、状況に不満を感じているときに起こります。この種の質問は、自分がなぜこのような悪い状況に置かれているのかに焦点を当て、解決の可能性を全く無視しています。これらは、しばしば「なぜ」という質問です。いくつか例を挙げてみましょう。

“なぜこのようなことが起こったのか?”
“なぜ自分以外の人は成功しているのか?
“なぜ私は一度も幸運になれないのか?”

2.正しい人に聞く

自分自身に正しい質問をすることができたら、次は他の人に何を聞けばいいのかを考えてみましょう。
しかし、何を聞くかだけではありません。誰に聞くかということも重要です。

効果的な学習を促進するためには、適切な人に質問する必要があります。それは、自分の前にいて、自分が達成したいことを達成した人たちです。直接会って話をする必要はありません。

相手の本を読み、「何が相手を成功に導いたのか」と考えることは、スタートとしてはとても良い方法です。
できれば、その人たちに直接会って話を聞くことを選んでください。効果的な学習を大幅に容易にしてくれるでしょう。

記事を読み続けるにはスクロールダウンしてください。
自分の脳のパフォーマンスを素早く高める
スマートで効率的な学習ハンドブックを手に入れて、より速く考え、学ぶ

より速く学ぶために

記事の続きを読むには、下にスクロールしてください。
聞くべき相手を見つけるには、まずこの会話の目的を決めましょう。

自分は何を学びたいですか?その知識を使って何を達成したいのか?そして、それをすでに実現している人を探しましょう。

3.オープンエンドの質問をする

適切な人を見つけた後は、質問を適切な方法で表現することも重要です。
それは、オープンエンドな質問をすることです。

前述したように、人は自分のことや成果について話すのが好きです。
前述したように、人は自分自身や自分の業績について話すのが好きです。

自由形式の質問をすることで、相手ができるだけ多くのことを話してくれるようになります。
これは特に会話を始めるのに最適な方法で、最初から多くの情報を得ることができます。
後日、より具体的な質問をすることで、必要な量の詳細を得ることができます。

自由形式の質問としては、次のようなものがあります。
“どのようにして(マイルストーンを)達成しましたか?”
“成功するための最良のツールは何ですか?”
“何が自分を成功に導いたのですか?”

これらの質問には、必ず具体的な目標やその人の成功を記入するようにしましょう。
例えば、上司に”1年しか働いていないのに昇進できたのは何のおかげですか?”と聞いてみましょう。

4.アクティブリスニングの練習

アクティブリスニングは、非常にパワフルなスキルです。

話を聞き、相手が経験や知識をより多く共有できるような自由形式の質問をするだけで、相手の知識をすべて「引き出す」ことができます。

友人や配偶者と一緒に練習してみてください。
10分間、ただ話を聞くことにしましょう。その間、相手が自分のことを語れるような質問だけをします。
相手の話を遮らないようにし、より深い質問は相手が答え終わってからするようにしましょう。

その後、相手のことをどれだけ知ったかを考えてみましょう。
さらに、自分は相手をとてもいい気分にさせ、お世辞を言わせたことでしょう。
その結果、相手からさらに多くの答えを引き出すことができるようになります。

慣れてきたら、この方法を試してみてください。
私を信じて、相手は自分を愛し、自分はその方法ではるかに速く答えを得るでしょう。

5.解決策に集中する

最後に、どんな質問でも必ず解決策に焦点を当ててください。
これは、自分自身に質問するときも、他の人に質問するときも同じです。

自分の潜在意識は、自分が焦点を当てているものに向かって自動的に導いてくれます。

解決策に焦点を当て、苦難を学ぶ機会と捉えれば、どんな問題や課題でも必ず解決策が見つかるはずです。
つまり、正しい質問をするということは、解決策を重視し、リスクよりもチャンスに焦点を当てることなのです。

正しい質問をすることは、効果的な学習(難しいことを速いペースで学ぶこと)に不可欠であるだけでなく、個人的にも仕事上でも、人生のあらゆる分野で向上するための鍵となります。

正しい質問をするには、2つの重要な側面があります。1つ目は、どのような質問を自分にするかということです。
1つ目は、どのような質問をするかです。そうすることで、問題を抱えたままではなく、成功へと導くことができます。

2つ目は、自分の目標達成に役立つ答えを得るために、適切な人に質問することです。
自分よりも先に進んでいる人を見つけるようにしましょう。
そして、オープンエンドの質問をし、積極的に聞くことで、相手からできるだけ多くのことを学ぶのです。