ストレスから脳を守るための活動とは?

ビジネス

長期間のストレスは、海馬のシナプス(脳細胞間の結合)を弱めます。

ランニングは、慢性的なストレスが脳の重要な領域に与えるダメージを逆転させることが、新しい研究で明らかになりました。

ストレスは、記憶や学習に重要な脳の構造である海馬の機能を損ないます。

しかし、ランニングは、ストレス下でも、情報を学び、思い出す脳の能力を保護します。

運動は、慢性的なストレスによる記憶への悪影響を解消する、シンプルで費用対効果の高い方法です。

長期間のストレスは、海馬のシナプス(脳細胞間の結合)を弱めます。

ストレスを受けたマウスが運動した場合、ストレスを受けていないマウスが運動した場合と同じように、迷路走行の実験ができました。

また、運動をしたマウスは、脳のシナプス間の結合が強くなっていました。

当然のことながら、最高の記憶力と学習能力は、ストレスが少なく、運動量が多い環境で得られます。
学習や記憶を向上させるための理想的な状況は、ストレスを感じず、運動をすることです。

もちろん、生活の中でストレスを常にコントロールできるわけではありませんが、どれだけ運動するかはコントロールできます。

外に出て走るだけで、ストレスが脳に与える悪影響に対抗できることを知っていると、力が湧いてきます。

タイトルとURLをコピーしました