記憶力・学習能力を30%向上させる最も簡単な方法!

ビジネス

学習と記憶に30%の打撃を与える活動。

明るい光を十分に浴びることは、記憶力や学習能力を向上させる最も簡単な方法のひとつかもしれません。

薄暗い室内に長時間いると、脳の構造や機能に悪影響を及ぼすことが、明らかになりました。

薄暗い場所に長くいると、記憶や学習に重要な脳の部分がダメージを受けます。

ネズミを薄暗い場所で4週間飼育すると、記憶に重要な構造である海馬の容量が30%減少しました。

しかし、さらに4週間明るい光に当てたところ、ネズミのパフォーマンスと脳の容量は完全に回復しました。

冬の曇り空や一般的な室内照明を模した薄暗い光にネズミをさらすと、空間学習能力に障害が生じました。

これは、人がショッピングモールや映画館で数時間過ごした後、混雑した駐車場で自分の車に戻る道を見つけられないのと似ています。

通常レベルの環境光の変化が脳の構造と機能に及ぼす影響を示しました。

薄暗い場所では、脳由来神経栄養因子の産生が大幅に減少することを発見しました。

このペプチドは、神経細胞間の健全な結合を維持するのに役立ちます。

海馬に依存している学習や記憶のパフォーマンスが低下することになります。

言い換えれば、薄暗い光が薄暗い人を生み出しているのです。

しかし、光は海馬に直接作用するのではなく、脳内の他の部位を介して作用する。

光が海馬に影響を与える仕組みには、オレキシンというペプチドが関与している可能性があります。

この情報を利用して、目の問題を抱えている人たちに活力を与えることができるかもしれません。

光をあまり浴びていない目の病気の人たちに、目を通さずに脳内のこのニューロン群を直接操作して、明るい光を浴びるのと同じ効果を与えることができるのではないでしょうか?

もう1つの可能性は、高齢者や神経障害者の認知機能の向上です。

障害から回復するのを助けたり、さらなる低下を防いだりすることができるのでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました