脳の新細胞を40%減少させるアルコール!飲酒で頭が悪くなる?

ビジネス

記憶に重要な部位である海馬の新しい脳細胞が40%減少しました。

適度なアルコール摂取であっても、脳の新しい細胞を作る能力が40%低下する可能性があるという結果があります。

わずか3〜4杯のアルコール飲料を定期的に飲んでいるだけで、成人の脳の構造的完全性が低下する可能性があります。

適度な飲酒は、本人が気づかないうちに暴飲暴食やうつ病、不機嫌や怒りやすくなる可能性もあります。

短期的には、運動能力や全体的な機能に目立った問題はないかもしれませんが、長期的には、このような行動が学習や記憶に悪影響を及ぼす可能性があります。

この結論は、法的な運転制限に達するのに相当する量のアルコールを動物に与えた、ネズミの研究から得られたものです。

この量のアルコールは、彼らの運動調整にあまり影響を与えませんでした。

しかし、記憶に重要な領域である海馬での新しい脳細胞の産生が40%減少したという結果が出ました。

新しい脳細胞は、他の神経細胞とコミュニケーションをとりながら脳の健康状態を調整しているので、このような長期にわたる脳細胞数の大幅な減少は、成人の脳の構造的可塑性に重大な影響を及ぼす可能性があります。

もし、脳のこの部分が何ヶ月、何年にもわたって毎日影響を受けていたとしたら、最終的には新しい場所に行く方法や、自分の人生について何か新しいことを学ぶことができなくなるかもしれません。

それは、気づかないうちに起こっていることです。

現在、飲酒をしている人を「リスクのある人」と定義しています。

社交的な飲酒や日常的な飲酒は、一般的に考えられているよりも脳の健康に悪影響を及ぼす可能性があることを示しています。

タイトルとURLをコピーしました