ストレスを3倍早く軽減する色とは?人の感情にまで影響する!

ビジネス

この色の照明を使うと、人は3倍早くリラックスできます。

青い光は、人をより早くリラックスさせる効果があることが、わかりました。

通常の白色光と比較して、青い光の下で座っているときは、ストレスを感じたときに3倍早く回復することができます。

友人との喧嘩や仕事での締め切り間近などの通常のストレスは、ブルーライトを使うことで最も効果的に解決できる可能性があります。

ストレスを与えた後、青色光または白色光の下でリラックス・セッションを行いました。

青色光は、従来の白色光と比較して、ストレス後のリラックスプロセスを促進する。

リラックス時間は約3倍に短縮された(1.1分対3.5分)。

また、青色照明の優位性が失われる収束時間(3.5~5分)も観察されました。

色のついた照明が人の感情に影響を与えるという結果は、今回が初めてではありません。

学習環境における壁の色の影響に関する研究では、ビビッドな色よりも淡い色の方がリラックス効果が高く、波長の短い色(紫、青、緑など)の方が波長の長い色(黄色、赤など)に比べて心拍数が減少することが証明されています。

また、行動障害のある人に対して、色の照明で感情に影響を与える(精神的な落ち着きをもたらす)ことで治療に成功した人もいます。

例えば、ピンク色の光を利用して、刑務所内の非行少年の攻撃性を抑えることに成功しました。

さらに、青色光を用いた別の色光ベースの方法は、破壊的行動障害に用いられています。

タイトルとURLをコピーしました