学習や記憶力、睡眠、脳波を高めるナッツの種類!

ビジネス

認知、学習、記憶、さらには癒しに関係する脳波を強化する方法。

ナッツ類を定期的に食べると、認知、学習、記憶、さらには治癒に関連する脳波が強化されることが、新しい研究で明らかになりました。

ピスタチオは、特に脳のガンマ波の反応を高める効果がありました。

ガンマ波は、より速い認知プロセス、学習、記憶、さらには睡眠にも重要な役割を果たします。

一方、ピーナッツは、脳のデルタ波の反応を高めました。

デルタ波は、深い眠りや治癒、健康な免疫力に重要な役割を果たします。

ナッツ類には抗酸化物質が含まれているため、心臓に良い影響を与えたり、炎症を抑えたり、老化のプロセスを遅らせたりする効果があることがすでに明らかになっています。

ナッツが体の他の部分と同様に脳にも良いことを示すことで、重要な有益な知見を提供するものです。

研究では、さまざまな人が6種類のナッツ(クルミ、ピーカン、ピスタチオ、ピーナッツ、カシューナッツ、アーモンド)を食べました。

また、脳波の測定も行いました。

すべての種類のナッツには抗酸化物質が含まれており、中でもクルミの含有量が最も高いことがわかった。

ナッツ類は、フラボノイドの主要な供給源である。

フラボノイドは強力な抗酸化物質であり、心臓保護作用、抗がん作用、抗炎症作用などのメカニズムが知られている。

吸収されたフラボノイドは、学習や記憶に関わる脳の海馬領域に浸透し、蓄積されることが明らかになっています。

タイトルとURLをコピーしました