クリエイティブな人はこんな睡眠をしている

ビジネス

視覚的にも言語的にもクリエイティブな人は、このタイプの睡眠をとっているそうです。

クリエイティブな人は、寝るのが遅く、起きるのも遅く、全体的に睡眠が悪いという結果が出ました。

視覚的にも言語的にもクリエイティブな人は、どちらも睡眠が悪いと報告されています。

また、視覚的にも言語的にもクリエイティブな人は、睡眠の質が悪く、夜間の睡眠が妨げられ、その結果、日中の活動に支障をきたしていました。

視覚的な創造性を持つ人は、睡眠が妨げられ、日中の機能に支障をきたすと報告されています。

言語的創造性のある人の場合、睡眠時間が長く、就寝・起床時間も遅いことがわかりました。

つまり、2つのタイプの創造性は、異なる睡眠パターンと関連していたのです。

このことから、視覚的創造性の処理と表現には、言語的創造性に見られるものとは異なる精神生物学的メカニズムが関与しているという仮説が強まりました。

何を勉強しているかにかかわらず、創造性の高い学生が最も睡眠時間が短かったのです。

しかし、美術系の学生は最もよく眠る傾向がありましたが、翌日に最も休息したと感じたわけではありませんでした。

これは、彼らの睡眠の質が本来あるべきものではないことを示唆しているのかもしれません。

クリエイティブな人たちがなぜ睡眠不足になるのか、正確にはわかっていません。

視覚的な創造性の余剰が個人の注意力を高め、それが睡眠障害につながっている可能性があります。

一方、言語的創造性のある人の睡眠が長引くことで、起きている間の創造的プロセスを支えるプロセスが促進されるという可能性もあります。

いずれにしても、これらの知見は、創造性が一様な概念ではないことを示すさらなる証拠です。

視覚的な創造性は、言語的な創造性とは異なる大脳のメカニズムによって活性化され、活性化されるのです。

タイトルとURLをコピーしました