記憶力が50%以上向上する学習方法とは?

ビジネス

ストレスによる記憶力への影響を完全にブロックする方法。

ストレスで記憶力が低下するのは当然のこと。

誰にでも起こることです。

しかし、ある種の学習法を行えば、ストレスでも記憶力が低下しないことが分かりました。

模擬試験を受けるような検索練習は、驚くほど強固な記憶を構築します。

一般的に、ストレスを感じている人は、記憶から情報を取り出すことが苦手です。

適切な学習戦略(この場合は、検索練習や模擬試験を受けること)によって、強い記憶表現が形成され、高いストレス下でも被験者が自分の記憶にアクセスできます。

模擬試験を受けることと、教材を読んで再読するという最も一般的な学習方法を比較しました。

その結果、記憶を呼び起こす方法で学習した人は、ただ読み返しただけの人よりも50%以上多く記憶していることがわかりました。

勉強の量や時間が問題なのではなく、どのように勉強するかが重要です。

検索練習は最良の学習戦略の1つであることがわかっていたにもかかわらず、ストレスを感じている人にとって、検索練習がいかに効果的です。

まるでストレスが記憶に影響を与えていないかのようです。

テストを受けて何度も情報を取り出さなければならないような学習は、長期的な記憶の保持に強い効果があり、リスクの高い、ストレスの多い状況でも大きな効果を発揮し続けるようです。

ストレス下での記憶に検索練習がどのように影響するかについての最終的な結論ではありませんが、このことは、高いリスクの下で複雑な情報を検索しなければならないすべての人に適用できると考えています。

特に教育者にとっては、大規模な試験が学生に大きなプレッシャーを与える可能性があるので、指導の一環として、より頻繁に低リスクのテストを採用することを強くお勧めします。

お気に入り
タイトルとURLをコピーしました