知能を低下させてしまう7つの日常的な方法

ビジネス

行動により知性を下げているかもしれません。

1.飽和脂肪酸は認知機能の柔軟性を低下させる

高脂肪・高糖質の食事は、認知的柔軟性に大きなダメージを与えることが、明らかになりました。

認知的柔軟性とは、変化する状況に合わせて調整・適応する能力のこと。
マウスには、通常の食事、高脂肪食、高糖質食のいずれかを与えました。

4週間後、高脂肪食や高糖質食を与えられたマウスの精神的・肉体的なパフォーマンスが低下し始めたのです。

2.マルチメディアでのマルチタスクは脳を縮小させる

スマホなどのメディア機器を同時に使用すると、脳の重要な構造が縮小する可能性があります。

複数の機器を同時に使用している人は、認知や感情のコントロールに関連する脳の領域の灰白質密度が低いです。

マルチタスクとは、音楽を聴きながらゲームをしたり、テレビを見ながら電話をしたり、あるいはテレビをつけたまま新聞を読んだりすることを指すのかもしれません。

3.ググると自分が賢くなった気分になる

インターネットで検索すると、人は自分が実際よりも多くのことを知っていると感じてしまうことが分かりました。

そして、検索した情報が実際には見つからなくても、それはあまり問題ではないようです。

インターネットは非常に強力な環境で、どんな質問でも入力することができ、基本的に世界中の知識にすぐにアクセスすることができます。

そのため、自分の知識と外部の知識を混同しやすくなります。

人は本当に一人前になると、自分がどれだけ知っているか、どれだけインターネットに依存しているかについて、乱暴な言い方をしてしまうことがあるのです。

4.糖分の取りすぎは記憶にダメージを与える

それ以外の健康な人でも、血糖値が高い人は記憶力に問題がある可能性が高いという。

血糖値が正常範囲内の人であっても、血糖値を下げることは、加齢に伴う記憶障害や認知機能の低下を防ぐための有望な戦略であると考えられます。

5.専門家は自分が思っている以上に知らない

知ったかぶりをする人は、自分が思っているほど知らないということが分かりました。

あるテーマについて自分が知っていると思えば思うほど、まったくの作り話を事実だと主張する傾向が強いことが分かっています。

金融全般について知っていると思っている人ほど、架空の金融用語の知識を過大に主張する傾向がありました。

このパターンは、生物学、文学、哲学、地理など、他の領域でも同様に見られました。

例えば、ある生物学用語についてどれだけ知っているかという人々の評価は、生物学全般についてどれだけ知っていると思っているかによって、部分的には左右されます。

6.睡眠不足は思考力をダメにする

睡眠不足が思考力に与えるダメージはマンモス級です。

眠っている脳は、短期記憶や長期記憶が悪くなる一方で、よりハードに働かなければなりません。

注意力や計画性が低下し、習慣に従いやすくなり、新しい戦略を立てることが難しくなります。

睡眠不足は、他人の顔の感情を読み取る能力にまでダメージを与えます。

7.肉体的疲労が精神的パフォーマンスを低下させる

精神的ストレスと肉体的ストレスの両方が相互に作用して疲労を引き起こす可能性があることが分かりました。

前頭前野(計画と制御に使われる領域)における脳のリソースは、身体的活動と精神的活動の間で分割されることが明らかになりました。

精神的な作業と肉体的な作業が相互に影響し合って脳を疲労させることを示した初めての研究の一つです。

お気に入り
タイトルとURLをコピーしました