本の読書が心と体を豊かにする7つの方法!

ビジネス

適切な読書は、心理的にも肉体的にもさまざまなメリットがあります。

1.共感性の向上

フィクションは他人への共感を高めるのに役立つことが、分かっています。

文学小説やテレビ番組、さらにはある種のテレビゲームなど、あらゆる種類の物語が、仲間意識を高めるのに役立ちます。

特に、社会的な世界をシミュレートする文学的な小説は、他人への共感を高めるのに役立つかもしれません。

最も共感を得られたのは、文学的なフィクションでした。

2.精神的な柔軟性が高まる

読み手がより深く考えることを求める文章は、精神的な柔軟性を高める可能性があることが分かりました。

詩やその他の文章を読み、その意味を再評価することを求められた人は、脳内の活性化パターンに興味深い変化が見られた。

これらのパターンが示唆するように、精神的な柔軟性が高まれば、人は変化する状況に自分の考えや行動をよりよく適応させることができます。

常に習慣に縛られているのではなく、精神的な柔軟性が高い人は、新しい解決策を模索するのが得意なのです。

3.合理性と創造性の向上

読書は繰り返し創造性と関連しています。

フィクションを読んだ後、人は「終結の必要性」が低くなることがわかっています。

フィクションの曖昧な性質は、人々がより曖昧な考えを受け入れることを促します。

曖昧さについて考え、それを受け入れることは、創造性の鍵であると考えられています。

複数の視点を受け入れることができれば、新しい可能性を見出すことが容易になります。

4.脳の接続性と機能

小説を読む前、読んでいる最中、そして5日後に参加者の脳をスキャンした場合、持続的な神経学的変化が見られました。

その結果、小説を読み終わった後も、脳の休息状態に変化が見られたのです。

スキャナーの中で実際には小説を読んでいないにもかかわらず、接続性の高さを維持していました。

これを”影の活動”と呼んでいますが、ほとんど筋肉の記憶のようなものです。

5.偏見をなくす

他人の世界について学ぶことは、偏見を減らすのに役立ちます。

同性愛者や難民、移民に対する偏見を大幅に減らすことができると示唆されています。

6.認知症を食い止める

脳を刺激する活動は、認知症を食い止める効果があると言われています。

読書ほど脳を刺激するものはありません。

人生の後半に読書をする人は、精神的な能力が低下する割合が32%も低いという結果が出ています。

読書がアルツハイマー病のリスクを下げることに関連していることが示唆されています。

7.人生の延長

本を読むことで最大2年間寿命が延び、生活の質が向上することが明らかになりました。

1日にわずか30分でも本を読む人は、本を読まない人に比べて2年長く生きられることがわかりました。

お気に入り
タイトルとURLをコピーしました