シナモンがもたらす学習能力の大幅な向上とは?記憶力が劇的に改善!

ビジネス

学習能力低下の原因の一つに海馬のタンパク質の不均衡がありますが、シナモンで修正できます。

一般的な家庭用スパイスであるシナモンには、大幅に学習能力を高める効果があることがわかりました。

ある人は、他の人よりも学習に困難を抱えているようです。

実験用マウスの中にも同じようなものがあります。

しかし、学習が苦手なマウスにシナモンを与えると、学習能力が向上することがわかりました。

これは、学習能力の低い人を学習能力の高い人に変えるための、最も安全で最も簡単なアプローチの一つです。

学習能力の低下の原因の一つは、記憶と学習に不可欠な脳の部分である海馬のタンパク質のバランスが崩れることだと考えられている。

しかし、シナモンは体内で安息香酸ナトリウムに変換されます。安息香酸ナトリウムは、脳の損傷の治療に使われる薬で、重要なタンパク質のバランスを整えます。

マウスにシナモンを1カ月間与えました。

その結果、学習能力の低いマウスは、学習と記憶の面で劇的に改善されたのです。

シナモンを使って、学習能力の低いマウスの脳に起こる生化学的、細胞的、解剖学的な変化を元に戻すことに成功しました。

しかし、シナモンは、すでに学習能力の高いマウスには何の影響も与えませんでした。

学習や教育の成績における個人差は、世界的な問題です。

このアプローチを、学習能力の低い人たちでさらに検証する必要があります。この結果が学習能力の低い学生で再現されれば、目覚ましい進歩となります。

シナモンはこれまでの研究で、マウスの脳内のパーキンソン病に関連する変化を元に戻すこともわかっています。

どちらのシナモンも安息香酸ナトリウムに代謝されますが、セイロンシナモンはチャイニーズシナモンよりも純度が高く、チャイニーズシナモンには肝毒性(肝臓にダメージを与える)分子であるクマリンが含まれていることがわかりました。

お気に入り
タイトルとURLをコピーしました