モチベーションとパフォーマンスを高めるための質問

ビジネス

自己肯定感は、モチベーションを高めるのに最適なセルフトークの種類ではありません。

自分自身に質問することで、単純な自己肯定感よりもやる気を高めることがでます。

言い換えれば つまり、運動しますよりも運動しますかの方が効果的です。

あるグループの人たちは「アナグラムのタスクを完了する」と自分に言い聞かせました。

一方のグループは、「アナグラムの課題をクリアする」と自分に言い聞かせ、もう一方のグループは、「課題をクリアするかどうか」と自分に問いかけました。

その結果、自分に質問した人は、自分に命令した人よりも多くのアナグラムを解くことができました。

さらに実験では、この質問方法が内発的なモチベーションを高めることがわかりました。

内発的動機が最も強いタイプです。

このように、言葉を簡単に変えるだけで、やる気を高めることができるのは魅力的です。

言語が自己調整にどのような影響を与えるか注目しています。

実験的手法を用いることで、人々の内なる言葉(明示的なものと暗黙的なものの両方)を調査し、彼らが自分自身に言う言葉がどのように彼らの行動の流れを形成するのかを調べることができるようになりました。

一般的には、自己肯定感が目標達成能力を高めると考えられています。

しかし、特定の行動を行うことに関しては、質問をすることの方が目的を達成するための有望な方法です。

言語が思考と行動の間に窓を提供する仕組みについて、基本的な認知的アプローチを示しています。

興味深いのは、言語分析を用いることで、社会的認知の考え方が現実世界の客観的な行動に関連していること、人々が自分の行動について話す方法が将来の行動を予測できることを示している点です。

お気に入り
タイトルとURLをコピーしました