睡眠時にこの音を再生するだけで記憶力がなんと倍増する!

ビジネス

睡眠中に再生されるこれらの音は、記憶力と睡眠の両方を高めることができます。

睡眠中に再生される音は、記憶力を高め、さらには睡眠にも効果があることが分かりました。

しかし、これらの音は、脳の自然な振動と同期していなければ効果がありません。

睡眠中に「ピンクノイズ」を聞かせました。

ピンクノイズは、浜辺の波打ち際のように、上下に動く穏やかなヒスノイズのような音です。

ピンクノイズを試してみましょう。

脳内の電気的活動を測定した結果、人々の脳波と音を同期させることができました。

同期させると、過去に学習した単語のリストをよりよく記憶することができました。

実際には、2倍近くの単語を覚えていたのです。

しかし、音が同期していない場合は、その効果は見られませんでした。

このアプローチは、電気刺激などと比較して、実用性と倫理性を兼ね備えています。したがって、臨床現場で睡眠リズムを向上させるための簡単なツールとなります。

音を同調させておくことも、人の睡眠に役立つのではないかと考えています。

音が同期していると、睡眠に関連する脳波が強くなることが観察されました。

機能的な意味を持つ他の脳のリズム、例えば、覚醒時に発生するリズムや、注意の制御に関わるリズムを高めるためにも使えるかもしれません。

重要なのは、音による刺激は、深い睡眠中に継続している低速振動リズムと同期しているときにのみ効果があるということです。

低速振動の「アップ状態」が近づいているときに音響刺激を提示しました。この方法で、より高い振幅を示し、より長い時間発生する低速振動を強化することができました。

お気に入り
タイトルとURLをコピーしました