驚くべき共感の方法とは?人に共感するための最良の方法!

ビジネス

人に共感するための最良の方法について、ほとんどの人が間違っています。

驚くべきことに、他人が何を考え、何を感じているかを知るためには、体系的な推論が直感に勝るというのです。

人々は直感が勝つと思っていたので、この結果は驚きです。

個人的にも仕事上でも、人間関係をうまく築くには、相手の気持ちを正確に推し量る能力、つまり共感的に正確であることが必要です。

この能力が高い人と低い人がいますが、これは思考様式の違いで説明できるかもしれません。

しかし、これまで、直感的な思考と系統的な思考のどちらが他人の気持ちを正確に察することができるかについては、ほとんどわかっていませんでした。

一連の最初の段階で、ほとんどの人が、他人を読んだり理解したりするには、直感に頼るのが一番だと考えていることを発見しました。

情報を注意深く分析する方がより効果的であることがわかりました。

重要なのは、実際の専門家や管理職を対象としていることです。

このサンプルは、交渉、労働者の満足度、職場でのパフォーマンスなど、職場での多くの成果にとって共感性の正確さが重要であることを考えると、共感性の正確さをテストするのに非常に適したグループです。

直感ではなく体系的に物事を考える習慣のある人は、他人の心を読むことに長けていることがわかりました。

半数に次のような指示を出して、体系的に考えることを促しました。

慎重に推論した結果、正しい方向に導かれ、良い結果が得られた状況について書いてください。

もう一方のグループは、直感的に考えるようにしました。

またしても、分析的思考が優勢となった。

直感の価値が称賛されている多くの場面、例えば就職の面接などは、よりニュアンスのある視点で見直す必要があるかもしれません。

お気に入り
タイトルとURLをコピーしました