チャンネルの成長に役立つ11の強力な指標!YouTubeアナリティクスの使い方

YouTubeアナリティクスビジネス

YouTuberとして動画投稿されている方で、YouTubeアナリティクスを使っていますか?

アナリティクスがなければ、暗闇に包まれているようなものです。

どの動画トピックが成功するかを推測しなければなりません。
コンテンツが視聴者の心に響くことを祈るしかありません。

基本的には、新しい動画をアップロードするたびに指をくわえて見ているしかありません。

最悪なのは、何度も同じ間違いをしたり、信じられないようなチャンスを逃したりしていることです。

でも、せっかくのチャンスを逃したくはありません。

特に、世界中の人々が毎日10億時間もの動画をYouTubeで視聴しており、これらの動画はモバイルインターネットトラフィック全体37%を占めているのです。
さらに増え続けています。

知識は力なりという言葉があります。

YouTubeアナリティクスで追跡できる11の強力な指標についてご紹介します。

YouTubeアナリティクスとそれを構成するシンプルな数字やグラフを理解することで、動画を大幅に改善し、YouTubeチャンネルを成長させるためのインパクトのある決定を下すことができます。

誰かがやってくれるのを待つ必要はありません。

YouTubeアナリティクスの使い方

YouTubeの成功の鍵は、タイトルでも、YouTubeのアルゴリズムのゲームでも、自分の動画がバイラルになることを期待することでもありません。

YouTubeで成功するための本当の鍵は、常に改善し続けることです。

自分の視聴者を徹底的に理解する必要があります。真の価値を提供する高品質のコンテンツを作成する必要があります。そして、視聴者との個人的なつながりを築くことです。

そのためには、視聴者やニッチな分野を深く理解する必要があります。

YouTubeアナリティクスは、動画戦略を成功に導くために最適化する方法を教えてくれる貴重なツールです。

YouTubeのデータ分析のコツを学べば、それは宝の山です。

何が人々を自分のコンテンツに釘付けにし、何が人々をクリックさせるのかがわかります。
ある動画はシェアされるのに、他の動画はシェアされない理由もわかります。

あとは使うだけです。

YouTubeでアナリティクスを見るには?

まず最初に、YouTubeアナリティクスのダッシュボードにアクセスします。
YouTubeアナリティクスのダッシュボードにアクセスするには、YouTubeページの右上にある自分のプロフィール画像をクリックし、YouTube Studio(ベータ版)をクリックします。

YouTubeアナリティクス ダッシュボード

新しいYouTube Studioのダッシュボードが表示されます。

次に、左サイドバーの「アナリティクス」をクリックします。
これで完了です。ここからが魔法の始まりです。

YouTube アナリティクスのダッシュボードの上部には、4つのタブがあります。
最初のタブは概要で、次に3つのタブがあり、達成したいことに関連するYouTubeアナリティクスのメトリクスが表示されます。

概要
リーチ
エンゲージメント
オーディエンス

これらのYouTube指標の詳細を知りたい場合は、それぞれをクリックするとさらに詳しく表示されます。

新YouTubeスタジオ VS. 旧クリエイタースタジオ

YouTubeの評価指標について説明する前に、最近、YouTubeのアナリティクスが「Creator Studio」から「YouTube Studio」のベータ版にアップグレードされたことを知っておく必要があります。

ログインすると、従来のCreator Studioのダッシュボードではなく、新しいYouTube Studioのダッシュボードに自動的に移動します。Creator Studioの機能の一部にアクセスしたい場合は、左側の列で操作できます。オプションは以下の通りです。

プレイリスト
ライブイベント
現在のライブストリーム
翻訳とトランスクリプション
マネタイズ
ステータスと機能
オーディオライブラリ
チャンネルのカスタマイズ
VRヒートマップ

また、ページ下部付近にある「Creator Studio Classic」に切り替えることもできます。

現在のクラシックなCreator Studioを使用している場合、左サイドバーメニューの上部にある「Back to Studio Beta」リンクをクリックすると、最新版のYouTubeアナリティクスアプリに戻ることができます。

それでは、お待ちかねのYouTubeメトリクスをご紹介します。

画像の一部は新しいYouTube Studioのもので、一部は従来のCreator Studioのものですが、両者の違いは簡単に見分けられますのでご安心ください。

11の強力なYouTube指標

動画を改善し、チャンネルを成長させるために使用できる方法を紹介します。

1.視聴時間の重要性を理解する

動画の成功を判断する上で、再生回数が重要な指標であることは否定できません。しかし、それだけではすべてを語ることはできません。

再生回数だけでは、動画戦略にインパクトのある変更を加えるために必要なインサイトを得ることはできません。

それよりも、視聴時間に注目することをお勧めします。

ウォッチタイムとは、人々がコンテンツの視聴に費やした推定合計時間です。YouTubeではこの指標を使って、チャンネルや動画のパフォーマンスを測定・予測しています。

この指標は非常に重要で、YouTubeアナリティクスの「概要」タブでは、「再生回数」に次いで重要視されています。

YouTubeアナリティクスの概要タブ

なぜYouTubeは視聴時間を重視しているのでしょうか?それは、動画がどれだけ魅力的で価値があるかを示す最も明確な指標だからです。

考えてみれば、それはとても理にかなっています。見ている人が最後まで見るほどの興味を持っていなかった場合、その動画は本当に閲覧としてカウントされるのでしょうか?

YouTubeのアルゴリズムに「視聴時間」が採用されているのは、このためです。

さらに、ウォッチタイムによってランク付けされるのは、個々の動画だけではなく、チャンネル全体も含まれます。YouTubeによると、視聴時間が長いチャンネルや動画は、検索結果やおすすめで上位に表示される可能性が高い とのことです。

つまり、視聴者に自分の動画をより長い時間見てもらうことが目的です。そのためには、視聴者がもっと見たいと思うような、より良い動画を作ることが一番の近道です。

2.視聴者の定着率を調べる

視聴者にもっと時間をかけて動画を見てもらいたいわけですが、どうすればいいのでしょうか?

まずは、現在の動画がどれだけ視聴者の心を掴んでいるかを把握することから始めましょう。そうすれば、何が効果的で、何が効果的でないかを特定することができます。

そこで、視聴者維持率という指標があります。

この指標では、視聴者の質を見ることができます。これにより、動画のどの時点で人々が視聴をやめたかを明らかにすることができます。

下の画像は、視聴者維持率のグラフが、ユーザーが去っていくにつれて動画全体で下がっていく様子を示しています。
ご覧のように、この動画は5分27秒ありますが、平均すると、視聴した人は3分50秒ほどで離脱しています。これは動画の約70%にあたります。

このツールを使うには、動画を再生するだけで、動画中に赤い線がグラフに沿って移動し、視聴者が離脱したタイミングがわかります。

そして、どこで視聴者の注意を失ったかを確認し、視聴者が去った原因を特定して、今後の動画で同じ失敗をしないようにすることができます。

例えば、典型的な視聴者の好みに合わない攻撃的な発言や退屈な発言をしていませんか?動画の勢いがなくなったり、ある時点で話題が逸れたりして、興味を失ってしまったのでしょうか?

この時点までにYouTube Cardの形でコールトゥアクション(CTA)を追加しておけば、視聴者がクリックしてしまう前に、より多くのリードを獲得することができます。

しかし、それだけではありません。

動画のどの部分が最も人々の関心を引くのか、その瞬間に動画の中で何が起こったのかを確認することもできます。そして、その成功を次の動画で再現することができるのです。

当然のことながら、YouTubeのアルゴリズムは、「視聴者維持率」の高いチャンネルを優先します。

標準の「視聴者維持率」に加えて、「相対的な視聴者維持率」も見ることができます。

これは、同じような長さの他のYouTube動画と比較して、それぞれの動画がどれだけ視聴者を維持しているかを示しています。

上の例に戻ってみましょう。70%は理想的ではないかもしれませんが、平均以上であることがわかります。つまり、ほとんどの5分間の動画は70%のマークに達していないということです。なかなか良いですね。

3.リアルタイムレポートを見てみよう

YouTubeは何年も前から、動画が公開された後の早い時間帯に何人の人が視聴したのかを明らかにしてきました。

そのため、待望のリアルタイムレポートが追加され、パブリッシャーコミュニティから広く称賛されたのは驚くことではありません。

リアルタイムレポートでは、動画を公開した直後に、その動画の視聴状況を測定することができます。チャンネル全体、または特定の動画について、過去48時間および過去60分の視聴状況を確認することができます。

YouTubeアナリティクスのリアルタイムアクティビティ

YouTubeの指標は、見ているだけでワクワクするものではありません。

YouTubeの「リアルタイムレポート」は、トラフィックの急増を発見し、それをリアルタイムのイベントと関連付けるのに役立ちます。

例えば、新しい動画をFacebookに投稿したが、再生回数には変化がなかったとします。しかし、20分後にTwitterに動画を投稿すると、再生回数が劇的に増加しました。これで、Twitterの視聴者は、Facebookの視聴者よりも、その特定のコンテンツを受け入れやすいことがわかりました。

この傾向が続けば、T

itterの視聴者はFacebookの視聴者よりも動画コンテンツを楽しんでいると考えることができます。

この情報をもとに、視聴者の興味を利用することができます。

さらに、自分では説明できないような再生回数の急増に気づくこともあります。このような場合、少し調べてみると、自分の動画がインフルエンサーや人気ブログにシェアされたことがわかるかもしれません。

その場合は、相手やその視聴者を巻き込んで、関心の波に乗ることができます。

4.オーディエンスのデモグラフィックを探る

マーケティングを成功させるためには、ターゲットを絞ることが不可欠です。

実際、ターゲットを絞った広告は、そうでない広告に比べ、平均して約2倍の効果があると言われています。

だからこそ、誰に向けて商品やサービス、コンテンツを作っているのかを知る必要があります。そうすれば、その人たちのニーズや欲求に合わせて努力することができます。

世界有数のマーケティング専門家であるセス・ゴーディンは、「商品のために顧客を探すのではなく、顧客のために商品を探せ」と言っています。

YouTubeの動画も同じです。

自分の動画を見ている人のタイプを把握するには、YouTubeアナリティクスダッシュボードの「Demographics」ページをチェックしてみてください。

このシンプルなグラフに表示されるYouTubeの指標では、視聴者の性別、年齢、デバイス、場所などを特定することができます。そして、この情報をもとに、よりターゲットを絞ったマーケティングキャンペーンを行うことができます。

現在サービスを提供していない外国に熱心な視聴者がいることを発見し、事業拡大を決断するかもしれません。ドロップシッピングを行っている場合は特に簡単です。

5.トラフィックソースを特定する

トラフィックのほとんどがどこから来ているのかを把握することは非常に重要です。

そうすることで、低レベルのトラフィックソースでリソースを浪費することを避け、うまく機能しているトラフィックソースを倍増させることができます。

YouTubeアナリティクスを使えば、これが簡単にできます。

リーチビューワータブでトップのトラフィックソースを表示し、グラフをクリックすると詳細が表示されます。

下の画像はOberloのYouTubeチャンネルのトラフィックソースを示しています。

YouTubeのトラフィックソース

2つ目のグラフでは、外部のトラフィックソースをさらに細かく分類しています。

そして、この情報を利用することができます。

例えば、パフォーマンスの上がらないトラフィックソースに時間とお金を注ぎ込んでいることに気づくかもしれません。その場合は損切りをして、そのリソースをより強力なチャネルに振り向けることができます。

また、あるトラフィックソースが順調に成長していることに気づき、その成長のためにさらにリソースを投入することを選択することもできます。

逆に、あまり注力していないにもかかわらず、トラフィックソースの1つが非常に好調であることに気づくかもしれません。これは、より多くの時間とリソースを割くことで、再生回数を増やす絶好の機会となります。

6.インプレッションと視聴時間の関係を見る

まず、変数を理解しましょう。

インプレッションです。インプレッションとは、YouTubeユーザーの画面上に動画のサムネイルが表示されることです。インプレッションのデータは、どの動画がYouTubeで最も多く配信されたか、何が成功したかを理解するのに役立ちます。例えば、特定のフォーマットや形式がより成功しているか、あるいはインプレッションの到達率が異常に低いか高いかを判断することができるかもしれません。

インプレッションのうちビューになった割合を示します。言い換えれば、サムネイルを見た人のうち何人がクリックしたかを示しています。
YouTubeアナリティクスでは、インプレッション数が視聴回数に変わった割合と、その視聴回数と視聴時間との関係を示す簡単なグラフを提供しています。
、人々が動画をクリックして視聴するように仕向けることができるかどうかを測定します。

クリック率が高いということは、タイトルやサムネイルが優れていて、話題がYouTubeを見ている人の心に響いたということです。

では、よくある落とし穴を見てみましょう。

例えば、クリック率が高くて再生回数が多いのに、平均視聴時間が短いとします。

これはよくありません。

これは、自分の動画が人々の注目を集めたものの、それを維持することができなかったということです。これは、クリックベイト動画によく見られます。

もしこのようなことがあったら、タイトルとサムネイルを見直してみてください、誤解を招く恐れがあります。

最も避けたいのは、視聴者を誤解させることです。

視聴者は、騙された、操られたと感じます。視聴者は自分のブランドへの信頼を失い、永遠に顧客を失うことになりかねません。

7.カードのクリック率を把握する

カードは、カスタマイズ可能な動画内パネルで、視聴者に望ましい行動を促すために使用できます。

カードは、動画、プレイリスト、投票、リンク、他のチャンネルの宣伝などに利用できます。

下の図は、YouTubeカードの例です。

YouTubeアナリティクスでは、各カードのクリックスルー率を見ることができます。これにより、どのCTAが視聴者に最も響いているかを確認することができます。今後の動画では、パフォーマンスの高いCTAをより多く使用することを検討してください。

8.自分の好き嫌いを調べる

いいね!と嫌い!は、視聴者からのフィードバックを時系列で把握するための簡単な方法です。

もちろん、「嫌い」は最小限に抑えたいものですが、避けられないものであることを忘れてはいけません。そのため、「嫌い」を運命の前触れと考えるのではなく、自分の動画についた「いいね!」の数と比較して見ることが大切です。これは、より有益で実用的なアプローチです。

もし自分の動画にたくさんのDislikesがついていたら、次のように自問してみてください。

タイトルやサムネイルは、動画の内容を正確に表しているか?
タイトルやサムネイルは動画の内容を正確に表しているか?
動画の制作クオリティは低いか?
視聴者は、動画の中で語られていることに同意していないか?

潜在的な問題を知るための最良の方法のひとつは、コメントをチェックすることです。時には、自分がシャーロック・ホームズのスキルを発揮しなくても、すぐにわかるようになっていることもあります。視聴者からの直接のフィードバックに勝るものはありません。

9. ソーシャルシェアに注目する

ソーシャルメディアは、動画の成功に大きな役割を果たします。そのため、自分の動画がさまざまなソーシャルメディアチャンネルでどのように共有されているかを把握することが重要です。

YouTubeアナリティクスでは、チャンネル全体や個々の動画のシェア数の推移を見ることができます。

さらに、YouTubeアナリティクスでは、これらのシェアが行われた場所も表示されます。

10.チャンネル登録者数の確認

YouTubeアナリティクスの「購読者」の指標は、自分のチャンネルが安定したパフォーマンスを発揮しているかどうかを示しています。結局のところ、相手は自分の定期的な視聴者です。

購読者数の増減を監視することは非常に重要です。

このシンプルな指標によって、自分のチャンネルの全体的なリーチを測ることができます。また、各動画が購読者の増減にどのように貢献しているかを把握することができます。

チャンネル登録者数

特定の動画やトピックが購読者数の増加につながっていることがわかったら、それを確実に利用することができます。

同様に、あるトピックが悪い結果となり購読者を失った場合は、今後の動画ではそのトピックを避けるようにしましょう。

YouTubeアナリティクスは、動画を改善し、チャンネルを成長させるために利用できる実用的なインサイトの宝庫です。

最初は難しく感じるかもしれませんが、簡単な概要を知るだけで、YouTubeのデータ分析をマスターし、すべての素晴らしい機能と情報を最大限に活用することができます。

YouTubeのアルゴリズムは、視聴時間と視聴者維持率の高さを重視していることを覚えておいてください。そのため、私たちが提供できる最高の知恵は、視聴者の興味を引き続け、さらに戻ってきてもらうことです。

これは、たとえ目標を達成したとしても、決して止めてはいけない継続的なプロセスです。YouTubeのトップパフォーマーたちは、常にYouTubeアナリティクスの指標を調べ、何がうまくいっているのか、何がうまくいっていないのか、どうすればそのギャップを埋められるのかを考えています。

このリストのどの指標が最も役に立つと思いますか?

お気に入り
タイトルとURLをコピーしました