7つの簡単な方法で脳の記憶力を大幅に向上させる!

ビジネス

記憶力を高める
記憶力を向上させることができると科学的に証明されている連想、香り、食べ物、気分などのテクニックをご紹介します。

1.40秒リハーサル

たった40秒間の記憶のリハーサルが、永久的な記憶を取り戻す鍵になる可能性があることが分かりました。

記憶をリハーサルするときは、記憶を定着させるときと同じ脳の領域が活性化されることが発見されました。

最近の記憶は、記憶の定着期間が経過するまでは失われやすいことがわかっています。

短期間のリハーサルが、複雑で生き生きとした出来事を1〜2週間にわたって記憶する能力に大きな影響を与えることがわかりました。

2.連想によるリマインダー

連想によるリマインダーは、将来の何かに対する記憶を向上させるのに役立つ素晴らしいツールであることが、分かりました。

以下に「連想によるリマインダー」の例をいくつか挙げます。

机のそばに家族の写真があると、帰りが遅くなることを電話で伝えることを思い出す。
また、床に落ちているゴミを見ると、ゴミ箱を出さなければと思います。
このようなちょっとした環境的な手掛かりが、将来の行動を思い出す人の数を2倍にするのに十分だったのです。

3. ローズマリーの香り

ローズマリーのエッセンシャルオイルの香りは、記憶力と将来の出来事を思い出す能力を向上させるという結果が出ています。

ローズマリーの香りがする部屋としない部屋で、さまざまな記憶テストを受けました。

ローズマリーの香りを吸った人の方が成績が良かったそうです。

4. 野菜を食べると記憶力が40%向上する

果物ではなく、野菜を食べると記憶力が向上します。

特定の食品をどのくらいの頻度で食べているかを調べ、認知機能テストを実施しました。

野菜を1日1皿以下しか食べない人に比べて、1日2.8皿以上食べている人は、認知機能の変化が約40%緩やかになることがわかりました。

この減少は、約5年分の若さに相当します。

緑の葉野菜は、記憶力の向上と最も強い関連性を示しました。

また、高齢者が野菜を多く摂ることで最も大きな効果が得られました。

5. ホットチョコレートを飲む

1日2杯のホットチョコレートは、脳の健康維持に役立つ可能性があることが、分かりました。

記憶力や思考力のテストを行い、脳内の血流を測定した。

脳の血流が悪くなっている人は、フラバノールが豊富なココアを飲むことで改善されました。

6.良い気分

お菓子の袋をもらうくらいの簡単なことで、記憶力が向上します。

実際、すぐに良い気分になれるものは、記憶力や意思決定を高めることができます。

若年層は機嫌が良い方がクリエイティブで認知的にも柔軟であることが示されてきました。

しかし、加齢に伴う認知機能の低下があるため、高齢者に機嫌の良さが役立つかどうかはわかりませんでした。

ですから、この結果は朗報です。

7.4時間後に運動

長期記憶は、学習の4時間後に運動することで高まることが、分かりました。

しかし、学習後に直接運動しても、記憶力はまったく向上しません。

さらに、脳スキャンにより、運動が海馬における記憶のより正確な表現につながることが明らかになりました。

科学者たちは、なぜ学習後の運動が記憶力を高めるのかについては、まだよくわかっていません。

運動介入が学習後に行われたことを考慮すると、遅延運動は記憶統合への影響を通じて記憶保持に影響を与えた可能性が高いです。

お気に入り
タイトルとURLをコピーしました