意外な部屋の色で高まった集中力とは?

ビジネス

集中力を高める色は、多くの人が予想していた色とは逆でした。

明るい色の部屋は集中力を高めてくれることがわかりました。

これはほとんどの人が予想していることと真逆の結果です。

3分の2の人が、真っ赤な部屋は不快感や憂鬱感、イライラ感につながると考えていました。

しかし、鮮やかな赤や黄色は学生の集中力を高めることがわかりました。

明るい色は、心理的・生理的な状態にポジティブな影響を与えることで、学生の学習パフォーマンスをサポートします。

読書の課題が難しい場合、鮮やかな色の条件が覚醒度を最適なレベルまで高める可能性があります。

これはほとんどの人が予想していたことの正反対でした。

一般的に、白度の高い淡い色は、落ち着きやリラックス効果があると考えられているため、学習環境に適した配色であると考えていました。

しかし、落ち着きやリラックスの側面は、学生の注意力や活動性を高めることにはつながらないかもしれません。

鮮やかな色の条件の方がパフォーマンスが高かったのは、これらの色には神経活動を刺激する覚醒作用があるからである。

タスクが退屈な場合は、赤の条件が個人を刺激し、パフォーマンスを高める可能性があります。

これは簡単に言うと、人は多少の刺激を受けたときに最高のパフォーマンスを発揮するという考え方です。

しかし、刺激が多すぎても少なすぎても、人のパフォーマンスは低下する傾向にあります。

文章を読み、そのあと質問に答えなければなりませんでした。

淡い色や鮮やかな色、赤、青、黄色など、さまざまな色に塗られた6つの部屋で行いました。

その結果、赤や黄色のビビッドな色の部屋では、読解力が高いことがわかりました。

お気に入り
タイトルとURLをコピーしました