Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
Apple
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

クリエイティブな活動はコルチゾールを低下させ、ストレスを解消する

 

塗り絵がこれほどまでに人気を博している理由が分かりました。

アートを作ることで、体内のストレスホルモンのレベルが下がる効果があります。

しかも、絵が上手いか下手かは関係なく、どんなレベルの人でも効果は同じです。

驚くべきことでもあり、そうでないことでもあります。

なぜなら、それがアートセラピーの中心的な考えだからです。誰もが創造的であり、支援を受けられる環境であれば、視覚芸術で表現することができます。

とはいえ、おそらく経験のある人のほうが効果が強いのではないかと予想していました。

幅広い年齢層の人たちが45分間、芸術活動を行いました。

その前後で、コルチゾールレベルを測定しました(コルチゾールはしばしば「ストレスホルモン」として知られています)。

指示はなく、モデリングクレイ、コラージュ材料、紙、マーカーなどが配られました。

75%が、終了後にコルチゾールレベルが低下しました。

とてもリラックスできました。

5分後には不安感がなくなりました。やっていないことや、やらなければならないことへの執着が少なくなりました。

アートをすることで、物事を前向きに考えることができました。

しかし、4分の1の人は、コルチゾールレベルが上昇しました。

ある程度のコルチゾールは、機能するために不可欠です。

例えば、私たちのコルチゾールレベルは1日中変化しています。朝にレベルが最も高くなりますが、これは1日の始まりにエネルギーを与えるためです。

アート作品や想像する、考える作品を制作することで、覚醒や関与の状態になったのかもしれません。

クリエイティブなデザイナーやクリエイター活動が、心理的な幸福、ひいては生理的な健康に役立ちます。

タイトルとURLをコピーしました