Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
Apple
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

脳の記憶力や学習能力を高めるための3つの食生活の工夫

 

食べるものを変えることで、記憶力を向上させる方法。

全身の健康とともに、記憶力を向上させることができる3つの食生活をガガログ編集部が調べましたのでご紹介します。

1.高脂肪の食品を避ける

ブドウ糖は、脳の主要な燃料であり、主なエネルギー源です。

高脂肪含有食品を摂取すると、脳内のグルコースレベルが低下することが分かりました。

脳に燃料が行き渡らないと、認知能力や記憶に影響が出てきます。

たった3日間の高脂肪食の摂取で、脳に届く血中グルコースが枯渇し、体に支障をきたします。

その理由は、脳にはブドウ糖を貯蔵する方法がなく、脳の一部の領域では実際にブドウ糖が不足していて、血液中からすぐにブドウ糖を摂取する必要があるからです。

これらの部位には、学習や記憶を司る大脳皮質や、代謝をコントロールする視床下部などがあります。

2.果糖を減らし、DHAを加える

果糖は、視床下部(脳内の代謝制御センター)の700以上の遺伝子と、海馬(記憶や学習を司る脳領域)の200以上の遺伝子を変化させる可能性があります。

しかし、オメガ3脂肪酸の1つであるDHAは、このダメージを回復させることができることが分かりました。

脳細胞膜にはもともとDHAが含まれていますが、この量では病気と闘うには十分ではありません。

オメガ3脂肪酸を豊富に含む食事は、果糖による遺伝子の損傷を元に戻すのに役立ちます。

3.5日間のダイエット

月に5日間ダイエットするだけで、神経の再生が促進され、記憶力や学習能力の向上につながるという結果が分かりました。

断食の効果を模したこのダイエット法は、1ヶ月のうち5日間、食事のカロリーを約50%減らします。

残りの25日間は、通常の食事をしました。

普通の人であれば、3〜6ヶ月に1回のペースでダイエットを行うだけで効果が得られると考えています。

これは、体を再プログラムすることで、老化を遅らせると同時に、幹細胞による再生で体を若返らせるということです。

タイトルとURLをコピーしました