Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
Apple
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

記憶力・認知力を下げるダイエット中の食事とは?成績が悪くなる原因!

 

この食事の消費は、脳に必要なグルコースを飢えさせてしまうことが、分かりました。

高脂肪含有食品の消費は、脳内のグルコースレベルの低下を引き起こすことします。

マウスに高脂肪食を3日間摂取させると、脳に到達する血中グルコースが枯渇し、体のバランスが崩れました。

脳が糖の取り込みを回復するには、体の他の部分を犠牲にして4週間以上かかりました。

ブドウ糖は、脳の主要な燃料であり、主なエネルギー源です。

脳が燃料を得られなくなると、認知能力や記憶に影響を及ぼすことになります。
高脂肪食が脳にどのような影響を与え、それが糖尿病や肥満につながるのかを調べるために、調べた結果があります。
高脂肪食は、血中グルコースの脳への取り込みをわずか3日で減少させます。

つまり、毎日たくさんのカロリーを摂取しているにもかかわらず、脳は飢餓状態に陥っているのです。

この原因は、血液脳関門で最も重要なグルコーストランスポーターであるGLUT-1というタンパク質にあります。

遊離飽和脂肪酸は、血液脳関門の細胞に毒性を与え、GLUT-1トランスポーターを減少させます。

脳にはグルコースを貯蔵する方法がなく、脳の一部の領域では実際にグルコースが不足しており、血流からすぐにグルコースを摂取する必要があります。

これらの領域には、学習や記憶を司る大脳皮質や、代謝をコントロールする視床下部などが含まれます。

エネルギーの不足を補うために、脳はマクロファージを使って行動を起こします。

マクロファージは免疫系の特殊な細胞で、成長因子であるVEGFを産生することができます。

この成長因子は、組織への酸素供給を回復させるシステムの一部であり、GLUT-1の産生を増加させることができます。

高脂肪食を摂取したグルコースレベルを測定した結果、この成長因子を欠いたマウスでは、脳内のグルコースの取り込み量がやはり減少することがわかりました。

この結果、学習速度は遅くなり、記憶力も低下します。
脂肪分の多い食事をすると、脳は糖分を求め、その欲求を満たすために体の他の部分にも影響を与えます。

これを利己的な脳と呼んでいます。なぜなら、甘いものを食べたいという体の欲求を刺激することでブドウ糖を得て、長期的には筋肉や脂肪への取り込みを妨げるからです。

筋骨格の細胞は、これらの器官の細胞におけるグルコースの取り込みを正常に調整するホルモンであるインスリンに対して耐性を持つようになっています。

タイトルとURLをコピーしました