Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

よく眠れるように熟睡できる12の食品!睡眠の質を改善

 

タンパク質の摂取量は、夜の睡眠に影響を与えることが分かりました。

高たんぱく質の食事は、夜よく眠れるだけでなく、体重を減らすのにも役立ちます。

高タンパク質の食事をしている人と、通常のタンパク質の食事をしている人を比較しました。

睡眠がダイエットや体重管理に与える影響を調べていますが、その質問をひっくり返して、ダイエットや食事(特にタンパク質の量)が睡眠に与える影響は何かを調べました。

その結果、低カロリーでタンパク質量の多い食事を摂っている間は、中高年の睡眠の質が向上することがわかりました。

この睡眠の質は、通常の量のタンパク質を摂取しながら同じ量の体重を減らした人と比較して良好です。

ダイエット中にローテーションで取り入れられる高タンパク食品には、以下のようなものがあります。

低脂肪の乳製品
赤身の肉
シーフード
豆類
大豆


牛肉
豚肉
大豆豆類
ミルクプロテイン
ナッツ類

減量中の高タンパク摂取によるポジティブな結果として、体脂肪の減少促進、除脂肪体重の維持、血圧の改善などが挙げられていますが、これに睡眠の質が加わりました。

睡眠は人の健康状態を左右する非常に重要な要素であると認識されていますが、今回の調査は、持続的な食事パターンが睡眠にどのような影響を与えるかという問題に初めて取り組んだものです。

減量中に食事からのタンパク質摂取量が増えると、主観的な睡眠の質が改善されることがわかりました。これは興味深いことです。

短い睡眠時間と睡眠の質の低下は、頻繁に代謝疾患や心血管疾患、早死にを引き起こします。

睡眠問題の高い有病率を考えると、食事やライフスタイルを変えることで、どのように睡眠を改善できるかを知ることは重要です。

タイトルとURLをコピーしました