簡単な「自己暗示」で記憶の再現性が3倍になることが判明

ビジネス

健康な人でも、記憶障害のある人でも、このテクニックを使えば、記憶の回復が劇的に向上しました。

物事が自分とどのように関連しているかを想像することは、記憶を高めるのに役立つことがわかりました。

記憶障害のある人とない人を対象にどちらにも効果があることがわかりました。

人々は性格特性に関連する一連の単語を記憶するように求められました。

それぞれの単語に対して、5つの異なる戦略のうちの1つを使用しました。

特徴と韻を踏んでいる単語を思い浮かべる(ベースライン)。
その特性の定義を思い浮かべる(意味的精緻化)。
その特徴が自分をどのように表現しているかを考える(意味的自己言及処理)。
その特性を演じたときのことを考える(エピソード的自己言及処理)。
あるいは、自分がその特性を演じたときのことを考える、その特性を演じることを想像する(自己想像)。

その結果、記憶に問題があってもなくても、自己想像が最も有効な戦略であることがわかりました。

基本条件と比較して、自己イメージ戦略は、人々が覚えていることを3倍近くに増やしました。

この結果は、「自己言及効果」の延長線上にあるものです。

基本的には、自分自身に関連しているものをよりよく記憶するという考え方です。

それは、意味が自分自身に一般的に関連しているか、あるいは特定の時間と場所に関連しているかということです。

記憶すべき情報を自己認識と関連づけて処理することで、他の認知戦略よりも記憶力が向上することが実証されています。

お気に入り
タイトルとURLをコピーしました