本の読書やWEBでうつ病が治る!改善される精神的な柔軟性の重要性

ビジネス

読書の種類によっては、うつ病を患っている人の助けになるかもしれません。

本を読む人、WEBサイトを見て、より深く考えることを求める文章、精神的な柔軟性を高める可能性が分かりました。

詩など、意味を再確認する必要のある文章を読んだ人は、脳内の活性化パターンに魅力的な変化が見られました。

これらのパターンが示唆するように、精神的な柔軟性が高いと、人は変化する状況に自分の考えや行動をよりよく適応させることができます。

精神的な柔軟性が高い人は、常に習慣に導かれるのではなく、新しい解決策を模索するのが得意です。

本を読んだり、WEBでネットサーフィンして文章を読むという持続的な体験が、硬直した期待や固定された思考に挑戦し、意味を再評価して新しい意味を受け入れるというプロセスを通じて、精神的な柔軟性を高めることが期待できることがわかりました。

人々は「詩的であること」と「読んでいる間にどれだけ意味を考え直さなければならないか」という基準で文章を評価しています。

ある文章は他の文章よりも努力を必要としています。

脳スキャンの結果、より複雑な文章を読み、文学的な意識が高まると、主要な脳ネットワークの活動が活発になることがわかりました。

脳の活性化された領域は、活性化の過程そのもので報酬感をもたらしていたが、うつ病を患っている人では特に活性化されていないことが知られているので、特に期待できます。

お気に入り
タイトルとURLをコピーしました