敵意や攻撃性を持つ人は記憶力や思考力が10歳以上老化して悪くなる!

ビジネス

数千人以上の人を対象に、性格、記憶力、思考力などを25年間にわたって測定されました。

敵意や攻撃性を持つ人、ストレスに対処するのが難しいと感じる若年成人は、後々、記憶力や思考力が悪くなるということが分かりました。

記憶力、思考力
態度、記憶力、思考力、攻撃的な行動、信頼の問題。
また、ストレスへの対処法についても尋ねられました。

25歳前後で初めて行われ、その後、50歳前後まで追跡で調査が行われました。

しかし、敵対的な態度や対処能力の低さ思考能力に与える影響は、10年以上の加齢による影響と同様であることを発見されました。

その結果、敵意のレベルが最も高い人は、記憶力や思考力のテストで最も悪い結果を示しました。

敵意と認知能力の低下の関連性を示しているだけで、必ずしも一方が他方を引き起こすとは限らない。

これらの性格や特徴が、中年期の記憶や思考の問題に対する人々のリスクを低減する役割を果たすことができるかどうかを確認するために、積極的な社会的相互作用や対処スキルを促進する介入につながる変更が可能であるかどうかを理解することが重要になります。

お気に入り
タイトルとURLをコピーしました