Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

簡単に知性や能力を高めるための最高の考え方!

 

自分の知能についてどう考えるか。

自分の知能は伸びる可能性があると考えている人は、困難な仕事を怖がらないことが分かりました。

その結果、相手は自分の能力を知り、間違った判断を避けるのが上手になるかもしれません。

対照的に、知能は固定されていて変えられないと考える人は、難しい仕事を避ける傾向があります。

これは、自分の能力を過信する態度を維持するのに役立ちます。

少しの過信は役に立つこともありますが、大きな過信は、人々に誤った判断をさせたり、学ぶ機会を失わせたりします。

知能に対して固定観念を持っている人は、多肢選択式のテストを受けたときに、より自信過剰になっていました。

タスクの簡単な部分に集中し、より難しい部分にはできるだけ時間をかけないことで、固定観念を持つ人は、仲間と比べて非常に良い成績を収めたように感じていました。

一方、成長理論派は、タスクの難しい部分に脅かされることなく、簡単な部分で光を浴びる必要性も感じていませんでした。

このようにバランスよく課題をこなしていくことで、成長理論家は自分の成果をよりよく理解することができたのです。

知能に対する固定観念を持っている人に、テストの難しい部分に真剣に取り組ませました。

そうすることで、自分の能力をより現実的に評価することができたのです。

タイトルとURLをコピーしました