学習・記憶能力は食生活の影響を受けて回復出来る!

ビジネス

ある種の食生活は学習や記憶にダメージを与えるが、脳は回復できることが分かりました。

高脂肪食は、うつ病や不安神経症、学習・記憶障害など、あらゆる心理的問題との関連が指摘されてきました。

高脂肪食を維持していても、記憶や学習の問題は時間の経過とともに消えていくことがわかりました。

一部のマウスに高脂肪食を与えました。

通常の食事を与えた別のグループと比較すると、空間記憶に深刻な問題が見られました。

しかし、高脂肪食に脳が適応したようです。

高脂肪食はさまざまな思考や感情を乱す可能性があります。

障害の背景にある他の要因は、長期的には回復しているはずです。

それが脳の素晴らしいところです。

脳は、障害があっても回復したり、別のルートを見つけて正常な機能を発揮することが多いのです。

マウスの脳はダイエットに成功したが、体はあまりうまくいかなかったです。

高脂肪食は肥満の原因となり、オスは2型糖尿病の症状を発症しました。

体だけでなく、脳もインスリンに反応しない状態になっていたのです。

脂肪分の多い食事のためにインスリンが多く分泌されていましたが、ブドウ糖を経口摂取した後の血糖値の上昇をカバーするには不十分でした。

また、インスリンは通常、海馬の神経細胞を刺激しますが、高脂肪食のオスはインスリンに反応しなくなりました。

人類史上初めて、深刻な太り過ぎの幼児が大量に発生しています。

前例のないことです。

このような新しいタイプの生理学を目の当たりにすると、20年後、50年後にこれらの子供たちに何が起こるのか、本当にわかりません。

お気に入り
タイトルとURLをコピーしました