Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

なぜ女性は男性よりもうつ病や憂鬱なのかその理由が明らかに

 

女性がうつ病と診断される確率が2倍になっています。

女性のうつ病率の高さは、賃金の低さにも関係している可能性が分かりました。

女性はある時点で大うつ病と診断されている可能性が2倍高いです。

しかし、同僚と同じ給料をもらっている女性の場合、うつ病の診断に男女の差はなかったことがわかりました。

しかし、給料が低い女性の場合、大うつ病にかかるリスクは2.5倍になっていました。

うつ病や不安症の男女格差の一部が、職場やそれ以外の場所での構造的な男女不平等の影響によるものである可能性がわかっています。

女性を特定の仕事に選別し、同等の男性よりも低い報酬を与え、家事労働における男女格差を生み出す社会的プロセスは、物質的および心理社会的な影響をもたらします。

賃金がうつ病に与える影響について、女性が劣等感のメッセージを内在化していることが一つの説明になります。

もし女性がこれらの否定的な経験を、差別の結果ではなく、劣った能力を反映したものとして内在化するならば、うつ病や不安障害のリスクが高まるかもしれません。

女性と男性は、学歴と経験年数に基づいてマッチングされました。

セクシャルハラスメントのようなあからさまな男女差別を禁止するだけでなく、ポリシーが必要であることを示唆しています。

一般的には、うつ病や不安症の性差は生物学的に根付いていると考えられていますが、そのような性差がこれまで考えられていたよりもはるかに社会的に構築されたものであることを表しています。

精神疾患の性差は可鍛性があり、不公平な扱いから生じるものであることを示しています。

成人人口における気分障害や不安障害の男女格差は、構造的な差別によってかなりの割合が説明されていると考えられます。

賃金格差を永続させる基本的なメカニズムにもっと注意を払う必要があります。

それは不公平だからというだけではなく、その後の健康リスクや格差を減らすために理解し、介入できるようにするためでもあります。

タイトルとURLをコピーしました