Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

安眠のために食べるべき3つの熟睡できる食品

 

最も安らかな眠りにつながる3つの食品タイプ

繊維質を多く摂り、砂糖や飽和脂肪を減らすことが、より良い睡眠につながることがわかりました。

繊維質を多く摂るほど、「徐波」や「深睡眠」と呼ばれる最も回復力の高い睡眠段階に長くいることがわかりました。

飽和脂肪の摂取量が多いと、深い眠りが少なくなることがわかりました。

一方、砂糖の摂取量が少ないと、夜間の睡眠からの覚醒が少なくなることがわかった。

食事の質が睡眠の質に影響を与ます。

脂肪の摂取量が多く、食物繊維の摂取量が少ない日が1日あるだけで、睡眠のパラメーターに影響を与えるというのは最も驚きでした。

自分で選んだ食事よりも、栄養士が用意した食事を食べた方が早く眠りにつくこともわかりました。

一般的に、栄養士が用意した食事は、自分で自発的に選んだ食事よりも、高タンパク、低飽和脂肪であった。

自分で食事を選んだ後、被験者が眠りにつくまでにかかった時間は平均29分でした。

これに対し、コントロールされた食事を食べた人はわずか17分でした。

食事が睡眠に影響を与えるという発見は、高血圧、糖尿病、心血管疾患などの慢性疾患の発症における睡眠の役割がますます認識されていることを考えると、健康面で非常に大きな意味を持ちます。

食事と睡眠が健康的なライフスタイルに織り込まれているという事実が強調されています。

最適な健康のためには、栄養価の高い食事や定期的な運動など、健康的な睡眠を促すライフスタイルを選択することが重要です。

タイトルとURLをコピーしました