Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

仕事で時間が早く感じられる理由!

 

最近、時間がどんどん過ぎていくと感じるなら、それは心理学的な説明があるかもしれません。

テクノロジーを駆使したライフスタイルが、時間に対する認識にどのような影響を与えているかを調べた結果があります。

テクノロジーや技術中心の社会と関わることで、ある種のペースメーカーが増加していることを示す兆候が分かりました。

テクノロジーは仕事を速くするのに役立つかもしれませんが、同時に時間に追われていると感じるようにもなります。

生活のペースが速くなると、主観的に感じられる利用可能な時間が減り、個人の中で時間のプレッシャーを感じるようになります。

結論は、テクノロジーを常に使用している人と、ほとんど使用していない人を比較した結果に基づいています。

その結果、常にインターネットを利用している人は、実際には50分しか経っていないのに、1時間経ったと思う傾向があることがわかりました。

これは、ネットに接続していない人よりも時間をロスしたと思う傾向があるということです。

このアドバイスには、単に一歩下がってみるということではなく、定量化できる認知的根拠があるということです。

これらの心理的効果がプラスかマイナスかはまだわかりませんが、悲観的ではないようです。

時間的ストレスの増加につながると感じていますが、これは特に心臓病との関連が指摘されています。

また、時間的プレッシャーの高さは、男女ともに苦痛と有意に関連しており、外で働く女性のうつ病レベルの上昇と関連しています。

肯定的に考えれば、処理速度が速いことは多くの状況で有利に働くかもしれません。

時間が早くなっているという認識には、昔から行われているいくつかの方法が役立つかもしれません。

瞑想やマインドフルネスは、その場にいること、つまり本当の「時計の時間」は安定していて、実際には速くなっていないことを理解するのに役立つかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました