人の行動を変える「感情」と4つの方法とは?

ビジネス

この感情の行動変容への効果を高めるための4つの方法をご紹介します。

恐怖は本当に人の行動を変えることができると分かりました。

恐怖を利用すると反動効果があるのではないかと考えられていましたが、そうではありませんでした。

女性は特に、恐怖による行動変化の影響を受けやすい。

恐怖を呼び起こすアピールは、一般人を対象としたあらゆる種類のメッセージで頻繁に使われています。

例えば、恐怖は人々の喫煙を止めようとしたり、特定の政治的政策を支持したりするために使われます。

しかし、最もよく使われているのは、商品を販売する広告主です。

恐怖は心の中に作り出され、それがたまたま、販売される製品によって緩和されるのです。

例えば、保険の販売には、怪我や不安に対する恐怖がよく使われます。

これらの訴求は、態度、意図、行動を変えるのに有効です。

効果的でない状況はほとんどなく、裏目に出て望ましくない結果につながる状況も特定できません。

恐怖が一種のバックラッシュ効果を生み、影響力を無効にするのではないかと考えられていました。

恐怖心は、全体的に小さいながらも大きな変化をもたらします。

恐怖心を与えることで、何も与えない場合や恐怖心の低いアピールをする場合に比べて、変化の確率が2倍以上になります。

しかし、その効果はまだ小さいので、恐怖訴求を万能薬と見なすべきではありません。

どのような条件であっても、恐怖訴求を受けることで観客の印象が悪くなることを示すデータはありません。

恐怖訴求をさらに効果的にするための4つの方法を説明しています。

恐怖訴求は、メッセージが比較的大きな恐怖を描き、有効性のメッセージを含み、取り上げられている懸念事項(=メッセージに関する要因)に関連する感受性と深刻さを強調している場合に、より効果的であることがわかりました。

また、恐怖訴求は、1回限りの行動を推奨している場合(推奨行動に関する要因)と、対象者に女性の割合が多い場合(対象者に関する要因)に、より効果的であることがわかりました。

お気に入り
タイトルとURLをコピーしました