脳の活性化でマルチタスクスキルを向上させる改善方法!

ビジネス

マルチタスクは、男性にとっても女性にとっても同じように難しいものですが、改善することができます。

体力があると、脳の重要な領域のサイズが大きくなり、マルチタスク能力が向上することが分かりました。

心肺機能が高い人ほど、いくつかの脳領域で灰白質の体積が大きいことが分かっています。

これらの脳領域は、推論と問題解決の両方を高めるのに役立ちます。

いわゆる「デュアルタスク」テストを行いました。

このテストは、男女ともに難しいとされる「マルチタスク」能力のテストに似ています。

デュアルタスクは、作業記憶、タスク管理、調整、抑制など、複数の認知プロセスに必要な実行機能の指標となるからです。

高齢になると実行機能が低下することがわかっているので、心肺機能を高めることで、実行機能のパフォーマンスを行動面で向上させ、実行機能に関連する脳の活性化を図ることができることがわかりました。

脳スキャンの結果、健康な人は前帯状皮質と補足運動野の体積が大きいことがわかりました。

対立監視、マルチタスク、デュアルタスク処理そのものなど、高次機能に重要な領域です。

身体活動と認知機能や脳機能との関係についての理解を深めるものであり、年齢を重ねてもライフスタイルを変えることで脳の健康状態を改善できることが分かっています。

お気に入り
タイトルとURLをコピーしました