Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

睡眠不足がもたらす社会的能力の低下

 

睡眠不足になると、孤独になり、社会性が低下する理由。

睡眠不足は、顔の感情を読み取る能力を低下させることが分かりました。

睡眠不足になると、感情の世界にバラ色の色合いがなくなり、脅威を過大評価するようになります。

睡眠不足を訴える人が社会性に欠け、孤独感が強いのはこのためかもしれません。

また、脳スキャンの結果、脳の感情を感知する部分は、友好的な顔と脅威的な顔を区別することさえできないことがわかりました。

睡眠不足の人の心拍数も、友好的な顔と脅迫的な顔の両方に正常に反応しませんでした。

睡眠不足は、体と脳を切り離してしまうようです。

心の声に従うことができないのです。

睡眠不足の人は、中性的な顔も、友好的な顔も、実際には脅威であると考える傾向がありました。

他人の感情表現を認識することは、自分がその人と交流するかどうか、そしてその人が自分と交流するかどうかについて、すべてを変えてしまうのです。

先進国では3分の2の人が十分な睡眠をとれていないことを考えると、特に憂慮すべきものです。

逆に、よく眠る人ほど、感情的な顔の表情を見分けるのが上手でした。

夢の中での睡眠の質が高ければ高いほど、脳と体は顔の表情をより正確に識別することができました。

夢の中での睡眠は、私たちの感情の羅針盤の磁北をリセットするようです。

睡眠を必要としていることを改めて証明しています。

タイトルとURLをコピーしました