Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

記憶で知っておきたい5つの驚きの新事実!

 

記憶を「オン」にする方法や、無駄な記憶を洗い流す方法など分かりました。

記憶に関する、記憶の仕組みについて新たな知見を得た5つをご紹介します。

記憶を「オン」にする
物事を記憶するには、注意を払うだけでは十分ではありません。

最も単純な詳細を記憶するためには、記憶のスイッチを「オン」にする必要があることがわかりました。

テストを受けるつもりがない場合、人は注意を払ってからわずか1秒後には情報を忘れてしまいます。

しかし、テストを受けることを想定している場合には、人の記憶は2倍、3倍にもなります。

一般的には、注意していることについての具体的な詳細を記憶すると考えられていますが、必ずしもそうではないことがわかりました。

非常に単純な情報であっても、記憶しなければならないと思っていないときには、人は記憶するのに苦労するケースがあることを発見しました。

クラシック音楽が記憶遺伝子を高める

クラシック音楽を聴くと、学習や記憶に関わる遺伝子の活動が高まります。

同時に、神経変性に関わる遺伝子の活動を低下させます。

この結論は、音楽がゲノム全体の遺伝子の転写にどのような影響を与えるかを示したものです。

転写は、遺伝子がどのようにして発現するかの最初のステップであり、言い換えれば、遺伝コードがどのようにしてタンパク質に変えられるかということです。

記憶力が5倍に向上

1時間以内の昼寝で、記憶力は5倍に向上します。

通常、人は自然に忘れるため、新しい情報はすぐに記憶から消えてしまいます。

しかし、45〜60分の昼寝の後、被験者はほとんど忘れていませんでした。

一方、起きていた人はかなり忘れていました。

無駄な記憶を洗い流す

デジタルファイルの「保存」をクリックすると、その情報については記憶が悪くなるが、その後に学んだことについては記憶が良くなることが分かりました。

写真を撮ったり、ファイルを保存したりすることで、その情報が意識から洗い流され、次の作業に必要な認知リソースが確保されるため、このトリックが有効になるのでしょう。

忘却とは記憶に障害が生じたときに起こると考えがちですが、忘却は記憶と認知の適応機能を支えるために不可欠な役割を果たしていることが分かっています。

思い出すことが忘れることにつながる
ある記憶を思い出すと、他の競合する記憶を忘れてしまうことが、確認されました。

これは、記憶に関する最も驚くべき事実の1つであり、解明されました。

脳がこのように働くに違いないと考えていましたが、実証されたのです。

学術分野では、脳にはこのような抑制メカニズムがあるという考えが浮上していましたが、記憶を思い出すことが、実際には記憶を抑制することで他の人を忘れさせてしまうという、このような暗黒面があると聞いて、多くの人が驚いていると思います。

タイトルとURLをコピーしました