Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
Apple
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

プロバイオティクスが悲しみを抑えうつ状態を改善

 

4週間のプロバイオティクス補給で、悲しい気分が悪化するのを防ぐことができました。

プロバイオティクスは、人々が過去を手放すのを助けることで、悲しみがうつ病になるのを食い止めるかもしれないです。

プロバイオティクスが人々の反芻(はんすう)を止めることが分かりました。

反芻とは、人が過去の嫌な経験や感情にこだわることです。

反芻は、うつ病の最も予測可能な脆弱性マーカーの1つです。

反芻思考の持続は、しばしばうつ病のエピソードに先行し、予測されます。

認知的反応性とは、悲しい気分がより深刻なものに変化する程度のことです。

プロバイオティクスを補給した条件では、悲しい気分のときに攻撃的な考えや反芻的な考えに気を取られることが少ないと認識していました。

言い換えれば、悲しい気分の時、プロバイオティクスを摂取している人は反芻が少なかったということです。

反芻思考に陥る傾向は、気分の変動を抑うつエピソードに変えるのに十分であること、また、通常、気分が低下すると、その原因や結果を反芻して対応する人は、抑うつ状態から回復するのがより困難であることが、分かっています。

プロバイオティクスは、心の健康との関連性がますます高まっています。

プロバイオティクスの摂取が、悲しい気分に関連するネガティブな考えを軽減するのに役立ちます。

プロバイオティクスがうつ病の補助療法や予防療法として役立つ可能性について、興味深いです。

タイトルとURLをコピーしました