認知症を防ぐ!脳のスピードを2倍にする4つの生活習慣とは?

ビジネス

認知症を防ぐ
これらの簡単なライフスタイルの変更は、推論、問題解決、処理速度を向上させ、最終的には認知症を予防する可能性があります。

健康的な食事、脳トレ、運動、そして良好な医療管理が、認知症を予防する可能性があることが分かりました。

加齢による認知機能の低下を防ぐための方法です。

1.食事

果物や野菜、全粒粉のシリアル、低脂肪の牛乳や肉製品をたくさん食べると効果的です。

また、砂糖は1日50g以下、魚は週に2回以上食べるといいです。

2.認知機能トレーニング

コンピューターを使った脳のトレーニングを行い、記憶や推論の方法について。

これは、一般的に精神的な活動を続けることで代用できます。

これには、読書、パズル、生活などが含まれます。

3.運動

運動については、週に1〜3回、筋力トレーニングを行うことがおすすめ。

有酸素運動は、週に2〜5回行いましょう。

運動のアドバイスは個人に合わせて行われ、より多くのことができる人もいれば、より少ない人もいます。

4.医学的管理

血圧、体重、BMIがチェック。

これに基づいて、生活習慣を変えるための推奨事項が分かります。

また、薬が必要な場合には、医師の診察を受けましょう。

認知症の予防

特別プログラムを受けた人は、神経心理学的テストで高いスコアを出しました。

処理速度のテストでは、特別プログラムを受けたグループの方が150%も高かったです。

また、記憶、推論、問題解決などを司る実行機能の測定では、特別プログラムを受けたグループの方が高いスコアを示しました。

高齢者の認知機能の低下と、食生活、心臓の健康、フィットネスなどの要因との間に関連性があることが分かります。

認知症やアルツハイマー病の診断を予防できます。

お気に入り
タイトルとURLをコピーしました