クラシック音楽が記憶や学習に重要な遺伝子に及ぼす意外な影響

ビジネス

クラシック音楽
20分間のモーツァルトが、学習や記憶などに重要な遺伝子の発現にどのように影響するか。

クラシック音楽を聴くと、学習や記憶に関わる遺伝子の活性が高まると同時に、神経変性に関わる遺伝子の活性が低下することがわかりました。

音楽がゲノム全体の遺伝子の転写にどのように影響するかを示しています。

転写は、遺伝子がどのようにして発現するかの最初のステップであり、言い換えれば、遺伝コードがどのようにしてタンパク質に変えられるかということです。

音楽が脳に及ぼす広範な影響の説明に役立ちます。

音楽には、感情はもちろんのこと、記憶力、認知能力、発達を高める大きな力があります。

クラシック音楽の研究

モーツァルトのバイオリン協奏曲第3番ト長調Kを聴かせました。

その結果、クラシック音楽は、記憶や学習に重要な役割を果たすシナプスの神経伝達やドーパミンの分泌に関わる遺伝子の活性を高めることがわかりました。

その上、クラシック音楽は、パーキンソン病などの病気に関与することが知られている遺伝子の活動を低下させました。

ただし、この効果は、音楽経験のある人にしか見られませんでした。

効果は、音楽的に経験豊富な参加者でのみ検出されました。音楽による効果を媒介する上で、親しみやすさと経験が重要であることを示唆しています。

クラシック音楽によって影響を受けた遺伝子のいくつかは、鳴禽類との進化的な親和性が分かっています。

鳴禽類の歌の学習や歌唱に関与することが知られているいくつかの遺伝子のアップレギュレーションは、発声する鳥類と人間の間で音の知覚の進化的背景が共有されていることを分かっています。

お気に入り
タイトルとURLをコピーしました