怒りや不安は心臓発作のリスクを10倍に増加させる

ビジネス

激しい感情
心臓発作リスクの大幅な増加につながる2つの強烈な情動

怒りや不安といった激しい感情を抱いた後の2時間で、心臓発作のリスクが少なくとも8.5倍になることが、分かりました。

不安発作の影響はさらに顕著で、心臓発作を起こす可能性が 10倍になることが分かっています。

結果は、先行研究や映画などでも示唆されていた、激しい怒りのエピソードが心臓発作の引き金になることを裏付けるものです。

データによると、心臓発作のリスクが高くなるのは、必ずしも怒っている間だけではなく、怒りが爆発してから2時間後まで続くのです。

5点は「非常に怒っている、体が緊張している、こぶしや歯を食いしばっている、今にも爆発しそう」、7点は「激怒している、手に負えない、物を投げている」を意味します。

このような激しい怒りの爆発のきっかけは、家族との口論、他人との口論、仕事上の怒り、運転中の怒りと関連していました。

また、不安を感じると心筋梗塞になりやすいことも明らかになりました。

不安な状態が続くと、その2時間後に心臓発作を引き起こすリスクが10倍になることがわかりました。

激しい怒りや不安の後にリスクが高まるのは、心拍数の増加、血圧の上昇、血管の締め付け、血栓の増加など、心臓発作の誘発に関連するものである可能性が高いです。

激しい感情で心臓発作を起こす絶対的なリスクは低いと注意しています。

怒りをきっかけとした心臓発作の発生率は約2%ですが、今回のサンプルでは、それらの人々は感情的なエピソードから2時間以内に心臓発作を起こす可能性が8.5倍高かったのです。

つまり、1つのエピソードが心臓発作を引き起こす絶対的なリスクは低いものの、このデータは、その危険性が非常に存在することを示しています。

激しい感情を避ける
リスクのある人にとっては、激しい感情を避けることが特に重要です。

怒りの感情の頻度や強さを減らすためのストレス軽減トレーニングや、怒りに満ちた対立や強い不安を引き起こす活動を避けるなど、通常はそのような激しい反応を引き起こす活動を避けることが予防につながる可能性があります。

さらに、高血圧、高コレステロール、喫煙などの他の危険因子を減らして健康状態を改善することもリスクを下げることにつながります。

また、リスクの高い人に対しては、β遮断薬やアスピリンなどの薬剤を心筋梗塞発症時に服用することで、ストレス要因と心筋梗塞との関連性を遮断できる可能性があります。

お気に入り
タイトルとURLをコピーしました