記憶のスイッチで覚えていることを3倍にする方法!

ビジネス

覚えていることを3倍にする方法が分かりました。
人は、注意して見ていたことでも、1秒後には忘れてしまうことがあります。

簡単なことでも記憶するためには、記憶のスイッチを「オン」にする必要があることが分かりました。

人は、テストを期待していないときには、注意して見ていた情報を1秒後には忘れてしまいます。

しかし、テストを受けることを想定している場合には、人の記憶は3倍にもなります。

一般的には、注意していることについての具体的な詳細を記憶すると考えられていますが、必ずしもそうではないことがわかりました。

人は、記憶しなければならないと思っていないときには、非常に単純な情報であっても記憶するのに苦労するケースがあることがわかりました。

人々はこのタスクで非常に良い成績を収め、ほとんどミスをしませんでした。

しかし、その後、課題に少し手が加えられました。文字の位置だけではなく、前の文字を見たことがあるかどうかを尋ねられたのです。

文字の位置は覚えていても、その文字が何であるかは覚えていなかったのですから、驚くべきことです。

文字の位置はほぼ完璧に覚えていたのに、文字そのものを思い出すことができなかったのである。

伝統的な理論では、特定の情報に注意を向けると、その情報も記憶に保存されると考えられているため、この結果は驚くべきものであり、したがって記憶テストでより良い結果を得られたはずです。

しかし、文字そのものをテストされることがわかった途端、人々のパフォーマンスは劇的に向上しました。

25%程度の正解率だったのが、65〜95%にまで上昇したのです。

これは、重要な記憶、つまり私たちが必要としたり使ったりする可能性の高い記憶が、より強く記憶にエンコードされるような、有用な適応を意味しているのかもしれません。

記憶はビデオカメラのようなものだと思います。

ビデオカメラの『録画』ボタンを押さなければ、レンズを向けたものを『記憶』することはできません。

しかし、録画ボタンを押した場合、つまりこの場合、何を思い出してほしいかがわかっている場合、その情報は記憶されるのです。

お気に入り
タイトルとURLをコピーしました