Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
Apple
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

音楽がもたらす長期記憶と精神能力への驚異的な影響

 

音楽が人々の認知能力に与える魅力的な効果。

プロの音楽家は、非音楽家に比べて長期記憶力が優れていることが分かりました。

また、脳は、意思決定、記憶、注意に関連する脳の重要な領域において、はるかに速い神経反応が可能です。

音楽的な訓練を受けた人は、訓練を受けていない人に比べて、言語資料を一瞬早く処理することが知られており、音楽家はワーキングメモリに優位性があることがわかっています。

絵を描く作業と言葉を使う作業に違いがあるかどうか、また、その優位性が長期記憶にまで及ぶかどうかです。

もし、それが証明されれば、認知機能に問題のある人への介入の選択肢の一つになります。

プロの音楽家(全員が演奏歴15年)は、一連の絵と言葉を覚えさせられました。

長期記憶テストの結果は、15人の非音楽家のグループと比較されました。

また、脳波計を使って神経の反応を測定しました。

その結果、音楽家の方が、言葉の記憶ではなく、絵の記憶で優位に立っていました。

また、音楽家の脳機能を測定したところ、非音楽家よりも神経反応が速いことがわかりました。

意思決定に関連する前頭葉中部の領域では、3分の1秒から5分の1秒の速さでした。

また、感覚、記憶、注意に関連する頭頂葉では、非音楽家に比べて1秒近く早いこともありました。

このような処理能力や記憶力の向上がなぜ起こるのかはまだわかっていませんが、楽譜を操作するための学習が一因です。

楽のトレーニングが認知能力に素晴らしいプラスの効果をもたらすことを示す証拠が増えてきました。

タイトルとURLをコピーしました