優れた本が心を豊かにする4つの方法?脳の接続性が高まる!

ビジネス

優れた本は、心や人生を様々な形で変えてくれることがわかっています。

純粋に肉体的なレベルでは、小説を読むことで脳の接続性が高まる可能性があります。

感情面では、文学小説を読むことで「心の理論」、つまり他人の心をシミュレートして共感する能力が高まることがわかっています。

1.時間を節約できる

もちろん、時間を無駄にしているように見えますが、文学は究極的には最大の時間節約になります。
なぜなら、直接体験しようとすると何年、何十年、何千年もかかるような様々な感情や出来事にアクセスできるからです。

文学は最大の「リアリティ・シミュレーター」であり、自分が直接目にすることのできない無限の状況を体験させてくれる機械です。

離婚するとはどういうことなのかを、安全に見ることができます。

とんでもない失敗をしてしまうこともあります。

子供の頃から老後までの人生の流れを見るために、時間を早めることができます。

宮殿の鍵や無数の寝室の鍵を与えてくれるので、他の人の人生と比較して自分の人生を評価することができます。

2.より素敵にしてくれる

文学は、他人の視点から物事がどのように見えるかを見せてくれる基本的なマジックです。

自分の行動が他の人に与える影響を、他では考えられない方法で考えることができます。

そして、親切で、寛大で、同情的な人々の例を見せてくれます。

文学は一般的に、支配的な価値観、つまりお金や権力に報いる価値観とは対立するものです。

作家はその反対側にいて、商業化された、地位意識の高い、皮肉な世界では放送する余裕のない、深い重要性を持つアイデアや感情に共感させてくれるのです。

3.孤独を癒してくれる

認められている以上に奇妙な存在です。

本当は何を考えているのか、口に出せないことが多いのです。

しかし、本の中には、私たちの純粋な姿や、実際の出来事が、普通の会話とは全く異なる正直さで描かれています。

優れた本では、まるで私たちが自分自身を知るよりも、作家の方が私たちをよく知っているかのようです。

夏の朝の光、集会で感じた不安、ファーストキスの感覚、友人が新しい仕事をしていると聞いたときの羨望、電車の中であえて話しかけない他の乗客の横顔を見たときの憧れなど、私たちの内面にある儚く、奇妙で、特別な体験を描写する言葉を見つけてくれるのです。

作家は私たちの心を開き、自分自身への地図を与えてくれます。そうすることで、私たちはより確実に、被害妄想や迫害の気持ちを抑えて、自分自身の中を旅することができるのです。

4.失敗に備えることができる

人生で最も恐れることの1つは、失敗すること、失敗してしまうことです。

毎日のように、メディアは私たちに失敗談を伝えます。

興味深いことに、多くの文学作品も失敗について書かれています。

恋人や結婚相手を失望させてしまった人、買い物で借金をしてしまった人など、何らかの形で失敗した人を題材にした小説や劇、詩が多いのです。

素晴らしい本は、メディアのように厳しく、一面的に判断することはありません。

主人公への同情と、私たち自身への恐怖を呼び起こし、私たちがどれほど自分の人生を壊しかけているかを新たに感じさせてくれるのです。

それは、もう少し知恵と善意と正気を持って生きたり死んだりするためのツールだからです。

お気に入り
タイトルとURLをコピーしました