冷静になっても元気が出ない皮肉な理由とは?

ビジネス

ダウンタイムは、このガイダンスに従わない限り、何の役にも立たないかもしれません。

仕事の後最もストレスを感じている人は、テレビを見たり、ゲームをしたりしてリラックスすることが少ないそうです。

それどころか、ストレスレベルの高い人ほど、テレビやゲームで気分転換することを恥ずかしく思い、失敗したと感じているのです。

皮肉なことに、仕事で最も疲れている人こそ、テレビの前で寝転ぶことで得られるものが大きいのです。

メディアを利用するような比較的無意味な活動は、精神的なエネルギーを回復させるのに役立つとされてきましたが、ストレスを感じている人にとっては、そうではないようです。

前日にどれだけ仕事をしたか、どれだけ疲れを感じたか、どれだけゲームやテレビを見たかを尋ねられました。

また、罪悪感、先延ばし、ダウンタイムが自分の活力を取り戻すのに有効だったかどうかについても尋ねられました。

メディアの利用が、メディアによる回復を通じて、人々の幸福に有益な効果をもたらすことが、よりよく理解され始めています。

これをより深く理解するための重要な一歩です。

実生活において、メディア利用と幸福感の関係は複雑であり、メディア利用が、日常生活において、喜びは少ないがより重要な他の義務や目標と衝突する可能性があります。

考えられることは、必要なダウンタイムの過ごし方を自分に甘くすることが有益であるということです。

疲れているときにリラックスすることに罪悪感を感じてしまうと、結局、適切なリラックスができなくなってしまいます。

それよりも、好きなテレビ番組やゲームに夢中になって、その効果を実感するほうがずっといいのです。

お気に入り
タイトルとURLをコピーしました