Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
Apple
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

体重減少が感情に与える意外な影響

 

体重を減らすことが幸福感にどのように影響するか。

過体重・肥満の成人で体重を減らした人は、元の体重の5%以内にとどまった人よりも不幸であることがわかりました。

その後、血圧が下がり、心臓病のリスクが減るなど、身体的には健康になっていましたが、体重を減らした人は幸福度が低くなっていたようです。

体重減少と気分の両方に影響を与えている可能性のある別れや深刻な健康問題などを考慮に入れてもなお維持されました。

体重減少が気分の改善と関連することが示されていますが、これは病院でのサポート環境と関連している可能性があります。

ほとんどの人がそうであるように、病院を訪れずに体重を減らす人には、また違った効果があるかもしれません。

その理由として、ダイエットが惨めな気分にさせがちだからではないかと指摘しています。

現代社会では、常に存在する不健康な食べ物の誘惑に抵抗するには、かなりの意志の強さが必要であり、楽しい活動ができなくなることもあるため、精神的な負担がかかります。

ダイエットをしたことがある人なら、これがどれほど幸福感に影響するか理解できます。

しかし、目標体重に達し、体重の維持に焦点が当てられると、気分が改善されることがあります。

人々が低体重に落ち着いたときに気分がどのように変化するかを調べるのは興味深いことです。

体重を増やした女性の方が、その後の生活がより幸せになることを発見しました。

開始時にすでに太っていた女性にも当てはまりました。

減量を思いとどまらせるべきではないと強調しています。

体重を減らすことは身体的に非常に大きなメリットがありますが、体重を減らすことですぐに生活のすべての面が改善されると期待してはいけません。

ダイエットブランドによる熱狂的な広告は、人々に減量に関する非現実的な期待を抱かせる可能性があります。

多くの場合、すぐに生活が改善されることを約束していますが、多くの人にとって現実にはそうならないかもしれません。

人々は減量に対して現実的であるべきであり、困難に備えるべきです。

タイトルとURLをコピーしました