驚くべき事実!偉大なリーダーに共通する最も重要な資質とは?

更新日:
ガガログ編集部

リーダーシップに関する数多くの研究がありますが、最近の調査結果は従来の常識を覆す驚くべき発見をもたらしました。企業の経営陣と従業員を対象にした大規模な調査から、偉大なリーダーに共通する最も重要な資質が明らかになったのです。それは、一見矛盾した「謙虚さ」だったのです。

権威よりも謙虚さ!組織を成功に導く鍵

多くの人は、リーダーには大げさで自信に満ち、支配的で権威的であることが求められると考えがちです。しかし、実際には正反対の資質こそが、組織を最高のパフォーマンスに導く鍵となっていました。

調査の結果、謙虚な姿勢の経営者は、トップマネジメントチームに権限を与える傾向があり、その結果としてマネジメントチームがよりよく統合されることがわかりました。さらに、謙虚な組織風土は中間管理職にも浸透し、仕事の成果、コミットメント、仕事への関与を高めていたのです。

謙虚さの本質!自己を超越する姿勢

謙虚な人とは、一体どのような特性を持つ人なのでしょうか。調査によると、謙虚な人は自分よりも大きなものを受け入れる存在であることがわかりました。

具体的には、自己認識力が高く、フィードバックに対して開かれた姿勢を持ち、他者への感謝の念を忘れず、自己集中が低く、自己超越を追求する人物が謙虚な人と評価されています。謙虚な人は自分の才能や能力を認識しつつも、不完全さを受け入れ、他者の価値や強み、貢献を高く評価するのです。

リーダーに求められる「控えめさ」

この意外な発見は、リーダーシップに関する従来の概念を覆すものでした。最も効果的なリーダーは、大げさで目立ちたがり屋ではなく、信じられないほど控えめで謙虚な人物だったのです。

権威主義的なリーダーに比べ、謙虚なリーダーは誰からも好かれやすいことも納得がいきます。影響力のあるリーダーは、必ずしも男性的で支配的、権威主義的である必要はありません。むしろ、謙虚であることで階層を超えて意味を共有し、下層部の従業員の態度や行動に良い影響を与えることができるのです。

競争優位の源泉としての「謙虚さ」

謙虚な経営者は、階層を超えて共有された認識を培うことで、組織に競争上の優位性をもたらします。この点において、謙虚さは戦略的な価値を持つと言えるでしょう。

今回の調査結果は、リーダーシップに対する従来の見方を一新するものです。企業が成功を収めるためには、権威よりも謙虚さを重視し、組織全体で意味を共有することが何より重要なのかもしれません。