偉大な優れたリーダーの最も驚くべき属性

ビジネス

多くの企業とその社長を調査した結果、意外なリーダーの要素が見えてきました。

偉大なリーダーは、大げさで、全知全能で、支配的で、自分の決断が正しいという簡単な自信を持っていなければならないです。

人々は確実性を求め、権威を必要としています。

しかし、そうではありません。

偉大なリーダーに繰り返し見られる最も意外な要因の1つは、大げさささ、確実さ、権威とは関係ありません。

会社組織から最高のパフォーマンスを生み出すのは、謙虚さであることが分かりました。

この結果は、多くの企業の社長とその従業員へのインタビューからのものです。

その結果、謙虚な姿勢の社長は、トップマネジメントチームに権限を与える傾向があり、その結果、マネジメントチームがよりよく統合されることがわかりました。

謙虚な組織風土は、中間管理職にも浸透し、仕事の成果、コミットメント、仕事への関与を高めました。

謙虚なリーダーの本質的な特性について、全体として、謙虚な人は、自分よりも大きなものを受け入れる。

謙虚さは、自己認識、フィードバックへのオープンさ、他者への感謝、低い自己集中、自己超越の追求に表れます。

謙虚な人は、自分の才能や能力を十分に認識しながら、自ら進んで正確な自己認識を求め、自分の不完全さを受け入れます。

また、他者の価値や強み、貢献を高く評価しているため、他者に対して権利や優位性を求める必要がありません。

この意外なリーダーシップ要因を取り上げた調査は、他の調査でもリーダーを「良い人」から「偉大な人」に引き上げる重要な要素の1つが「謙虚さ」であることがわかりました。

最も効果的なリーダーは、大げさな目立ちたがり屋ではなく、信じられないほど控えめで謙虚だったのです。

謙虚なリーダーは、権威主義的なリーダーに比べて、誰からも好かれるというのも納得がいきます。

発見は、謙虚な社長は自信がないとか、人を動かすことができないのではないかという一般的な誤解を変えるものです。

影響力のあるリーダーは、男性的であったり、支配的であったり、権威主義的である必要はないです。

むしろ、謙虚であることで、階層を超えて意味を共有することができ、それが下層部の従業員の態度や行動に影響を与えるのです。

謙虚な社長は、階層を超えて共有された認識を培うことで、競争上の優位性を構築する戦略的価値があります。

お気に入り
タイトルとURLをコピーしました