Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
Apple
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

人生初期のストレスが脳に与える永続的な影響

 

ネグレクトや虐待などの深刻な慢性的ストレスを人生の初期に経験した子どもを対象とした結果。

虐待やネグレクト、貧困など、生後数年間の慢性的なストレスは、発達中の脳に永続的な影響を及ぼす可能性があることが分かりました。

幼少期の有害なストレスは、記憶や学習、感情の処理方法に決定的な影響を与える可能性がありました。

なぜ幼少期のストレスが、その後の人生において、うつ病、不安、教育水準の低下、さらには身体的問題など、さまざまな悪影響をもたらすのかを正確に調査しました。

2歳、3歳、4歳のときに起きたことが、その後もずっと影響を及ぼし続けるのか、その理由はよくわかっていません。

脳のどの部分が影響を受けているのかがわからなければ、何か対策を立てることはできません。

子どもたちとその養育者は、幼少期の経験や現在抱えている行動上の問題についてインタビューを受けました。

また、子供たちの脳をスキャンし、特に海馬と扁桃体に焦点を当てました。海馬と扁桃体は、脳が感情を処理する方法に大きく関わっています。

これらの子どもたちの結果を、虐待を受けていない中流階級の子どもたちと比較しました。

その結果、幼少期に慢性的なストレスを受けた子どもは、受けていない子どもに比べて扁桃体が小さいことがわかりました。

また、非常に貧しい家庭や身体的虐待を受けたことのある子供たちは、海馬が小さかったのです。

扁桃体の縮小がどのような意味を持つのかは不明ですが、海馬の縮小はネガティブな結果をもたらす危険因子として認識されています。

当然のことながら、幼少期にストレスを受けた子どもたちは、行動上の問題も多く、影響を受けた脳構造が小さいほど、行動上の問題も大きくなりました。

社会として、子供たちがどのような経験をしているかに注意を払う必要があるという重要な指摘です。

これらの人々の将来を形成しているのです。

タイトルとURLをコピーしました