Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
Apple
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

思い出に残るメモやノートの取り方

 

ノートパソコンと手書きのメモ、その違いから見えてくる記憶力の違いとは?

新しい調査によると、長期的に概念をよりよく吸収したいのであれば、手書きでメモを取る方がよいとのことです。

ノートパソコンで取ったメモを思い出すのに問題があることに気づきました。

ノートパソコンからペンと紙に戻すことが有益であることを分かっています。

コンピュータでメモを取っていて、ふと顔を上げると、その人が実際に何を話しているのかわからないことに気づいたのです。

トークを視聴してもらい、学んだことについて質問に答えてもらいました。

動画を見てから30分後に出題された質問は、2つのカテゴリーに分類されました。

その結果、事実の想起にはほとんど差がなく、どちらのグループもほぼ同じ割合の事実を覚えていました。

大きな違いは、人々が講義から概念的に何を理解したかという点にありました。

ここでは、紙とペンでメモを取った人のほうが、概念的な情報を保持している割合が圧倒的に多いことがわかりました。

この違いの理由は、ノートパソコンと手書きのメモに関わる精神的なプロセスにあります。

ノートパソコンでメモを取る人は、聞いたことをそのまま書き写す傾向があるのに対し、手書きでメモを取る人は、より多くの情報に関わっていると考えられます。

ノートパソコンでメモを取る人よりも、手書きでメモを取る人の方が、より多くの処理をしているため、より重要な情報を選んでメモに記載し、その内容をより効率的に学習することができるのかもしれません。

このことは、動画で語られている内容とノートの内容が最も重ならなかった学生の方が、テストの成績が良かったという結果からも裏付けられています。

つまり、一字一句書き写すだけでは、あまり意味がないということです。

ノートパソコンが意図された通りに使われていても、学業成績に悪影響を与えている可能性があることを示唆しています。

ノートパソコンでメモを取りたい場合は、フレーズをそのまま書き留めるのではなく、話し手の言っていることを聞き取るようにするのが一番のアドバイスです。

タイトルとURLをコピーしました