Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
Apple
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

ストレスはどのように人に伝わりやすいか?

 

男性も女性も、固定観念にとらわれず、同等の共感を示しました。

他人がストレスを感じているのを見ると、たとえ自分がその状況に関与していなくても、それだけで自分の体内でもストレスホルモンであるコルチゾールが活性化されることが、新しい調査で明らかになりました。

感情的に最も近い位置にいる人が、最も高い共感的ストレス反応を示しました。

さらに、ストレスを感じている見知らぬ人をビデオリンクで観察すると、人々は有意な共感的ストレス反応を示しました。

ストレステストでは、95%がストレスを感じる数学のテストと面接が行われました。

テストを受けている人は、見知らぬ人とストレスを受けている人のパートナーの両方に観察されました。

その結果、観察者の26%が、見ている人のストレスが自分に伝わっていました。

共感的ストレスを、有意なホルモン分泌という形で実際に測定。

状態が、観察者の状態をホルモンのストレス反応のレベルまで引き出すような伝達メカニズムがあるはずです。

観察者は、双方向の鏡ではなく、リンクで見ることもありました。

その結果、観察者へのストレスの伝わり方はほとんど変わらず、ストレスの伝わり方の平均は30%から24%に下がっただけでした。

つまり、他人の苦しみを描いたテレビ番組であっても、そのストレスが視聴者に伝わってしまうということです。

ストレスは非常に大きな伝染力を持っているのです。

男女の共感的ストレス反応に違いはありませんでした。

タイトルとURLをコピーしました